パンダの、パンダによる、ドコモ光ユーザーのためのサイトです

ドコモパンダ|ドコモ光のプロバイダ比較サイト

ドコモのあんしんパックは必要?それとも不要?解約方法も紹介中!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

「あんしんパック」とは、ドコモが提供しているスマホやタブレットの補償サービスやサポートサービスのセットパックです。

ドコモを利用している方の多くは、

  • 「あんしんパックに加入しておけば安心だ」と感じて、あんしんパックの内容をよく確認せずに加入する
  • ドコモショップスタッフにオススメと勧められる
  • スマホ購入時の頭金を抑えるために加入する

といった理由から加入していますが、実はこのあんしんパックが不要な人がいるのも事実です。

そこで当記事では「あんしんパックが本当に必要なサービスなのか、それとも不要なサービスなのか」を詳しくご紹介致します。

1. そもそも「あんしんパック」とはどんなサービスか?

あんしんパックは、冒頭でも触れたようにドコモが提供している補償サービスやサポートサービスのセットパックです。セット内容には「あんしんネットセキュリティ」「あんしん遠隔サポート」「ケータイ補償サービス」という3つのサービスが含まれています。

もし、あんしんパックを使わずに個別に3つのサービスを契約したとすると、例えばドコモのAndroid機種では、

  • あんしんネットセキュリティ:200円/月
  • あんしん遠隔サポート:400円/月
  • ケータイ補償サービス:500円/月(2017年冬モデル以降のdocomo with対象機種は330円/月)

となっているため、これらを合計すると1,100円(2017年冬モデル以降のdocomo with対象機種は930円)となります。

またiPhone・iPad向けにも同様に

  • あんしんネットセキュリティ:200円/月
  • あんしん遠隔サポート:400円/月
  • ケータイ補償サービスfor iPhone&iPad:750円/月

という内容で提供されていて、合計金額は1,350円です。

ところが、あんしんパックを利用することで、料金は格段に安くなります。あんしんパックの月額料金はそれぞれ以下の価格となっています。

  • 2017年冬モデル以降のdocomo with対象機種…550円
  • 上記以外のAndroid機種…720円
  • iPhone・iPadの場合…970円

いずれの場合も、単体で全てのセキュリティサービスや補償サービスを申込んだ時の価格よりも380円安い金額となっています。

また、あんしんパックは初回最大31日間無料キャンペーンを行っています。初回というのは1回線につき1回のみという意味で、あんしんパックを適用してから最大31日間が無料となります。

「最大」については、利用者が31日間以内にあんしんパックを解約した場合は利用していた日数分だけが無料になるという意味であるため、特別な条件を満たしていないと最大日数が適用されないという訳ではないためご安心下さい。

それでは以下で各サービスの内容を見ていきましょう。

 

1-1. あんしんネットセキュリティ

あんしんネットセキュリティでは、スマホを利用する際のあらゆる危険からスマホを守ってくれます。

例えば「セキュリティスキャン」や「ウイルススキャン」ではドコモのデータ保管BOX内にあるデータにウイルスが潜んでいないかをチェックしてくれたり、「セーフブラウジング」という機能ではネット上に潜む詐欺サイトなどからスマホを守ってくれたりします。

さらに「迷惑メールおまかせブロック」という機能によって迷惑メールを自動で判別してくれるため、迷惑メールや詐欺メールに騙されてしまうという危険性がほとんどなくなります。

 

1-2.あんしん遠隔サポート

続いてあんしん遠隔サポートでは、年中無休で運営している専用ダイヤルに電話をかけるだけでスマホの操作や設定だけでなくドコモ以外のサービスやアプリやパソコンや周辺機器との接続もサポートしてくれます。

多くのサポートサービスでは電話で操作方法を伝えられるだけという事が多いですが、あんしん遠隔サポートの場合はご自分のスマホ画面をオペレーターと共有しながら操作できるため、どうしても操作方法や設定方法がわからない場合は操作や設定を代行してくれます。

そのため、スマホ初心者の方でも安心してスマホを利用することが可能となります。

 

1-3. ケータイ補償サービス|修理や紛失に対応!

最後にご紹介するケータイ補償サービスでは、スマホの画面割れや水濡れといった保証の対象外となる故障の場合やスマホを盗まれたり無くしたりといった紛失の場合に、お電話やドコモショップ窓口で受付をすることで交換電話機を自宅や指定のドコモショップに届けてくれます。

利用しているスマホの種類によって発生する金額は異なりますが、有償で修理に出したり新しいスマホを購入したりするのに比べるとかなりお安い金額で交換電話機を手に入れることが出来ます。

 

2. あんしんパックは必要か?

あんしんパックは、上記でご紹介した「あんしんネットセキュリティ」「あんしん遠隔サポート」「ケータイ補償サービス」という3のサービス全てが必要な方が申込んだ方が良いサービスパックです。

ネットセキュリティに関しては、カスペルスキーやノートンやウイルスバスターなどパソコンやタブレットを含む複数の端末を同時に保護できる有料のソフトやサービスを利用している場合、あんしんネットセキュリティは特に必要ありません。

また、あんしんネットセキュリティはAndroidスマホとiPhone・iPadによってセキュリティの範囲が異なります。Androidスマホの場合、あんしんスキャンのサービス内容において「セキュリティスキャン」「プライバシーチェック」「セーフブラウジング」「セーフWi-Fi」という4つのサービスを利用することが出来ますが、iPhone・iPadの場合は「セーフWi-Fi」にのみ対応しています。

つまり、iPhone・iPadを利用する方は受けられるサービスが圧倒的に少なくなります。

さらにあんしん遠隔サポートに関しても、操作方法や設定方法や接続方法に関してご自分で調べられる方は特に必要ありません。飽くまで、スマホを使い始めて間もないまだスマホに慣れていない方へ向けたサービスです。

つまり、あらゆる方が入っておいた方が良いサービスは、AndroidスマホやiPhone・iPadを問わずさらにスマホ初心者や上級者を問わず誰しもが起こりうるスマホの画面割れや紛失・盗難といった際に活躍するケータイ補償サービスのみということになります。

 

3. 解約方法

ドコモのあんしんパックの解約は、お近くのドコモショップやMy docomoから行うことが出来ます。上記でご紹介したあんしんパックのサービス全てが不要である場合は、あんしんパックそのものを解約しましょう。

ですが、例えば「あんしんパックとして契約したがケータイ補償サービスのみを残したい」という場合は、あんしんネットセキュリティとあんしん遠隔サポートのみをそれぞれ個別で解約することが可能です。

その際には、どのサービスを残したいのかをドコモショップの窓口でスタッフに伝えるか、My docomoで不要なサービスだけを解約しましょう。

My docomoは利用しているドコモのスマホからアクセスしてdocomo IDとパスワードでログインして操作を行うことが出来ますが、もしdocomo IDやパスワードを忘れてしまった場合やご自分の操作で解約手続きを進めるのが難しいという場合は、ドコモインフォメーションセンターというお電話での窓口からオプションの解約を行うことが出来ます。

この方法であれば、ドコモショップに足を運ぶことなくドコモのスタッフに相談をしながら必要なサービスだけを残して不要なサービスを解約することが可能です。

あんしんパックの解約にあたって、料金は日割り計算されるためどのタイミングで解約をしても損をすることはありません。本当にご自分にとって必要なサービスは何なのかをじっくりと考え、不要なサービスは解約しましょう。

 

4. まとめ

ドコモが提供するあんしんパックは、加入することで確かにドコモのスマホを安心して使うことが出来ます。しかしながら、不要なサービスに加入していると、いくらセット料金で割引されているとはいえ結局のところ高くついてしまいます。加入するなら「ケータイ補償サービス」だけがおススメです。

スマホ購入時に本体価格の頭金を0円にするために加入するオプションとしても有名なあんしんパックですが、不要なサービスであると感じたらなるべく初回最大31日間無料キャンペーン期間中に解約をした方が良いでしょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -