パンダの、パンダによる、ドコモ光ユーザーのためのサイトです

ドコモパンダ|ドコモ光のプロバイダ比較サイト

【2019年最新版】ドコモ光のキャンペーン比較特集!dポイントや現金のキャッシュバックの仕組みって?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

はい、ドコモ光検討してるそこのあなた!

ちなみに「どこで」契約しようとしてます?

  • 「ドコモショップ?」
  • 「電話?」
  • 「それとも家電量販店?」

え?もしかして決めてなかった!?

…なんと!もったいない!!

どこで契約するかによって、大きく異なるのは、そう…「キャンペーン!!」

お店独自のキャンペーンがあったり、選ぶプロバイダでキャンペーンをやっていたり!

また当然「どこで」だけじゃなく、「いつ」申し込むか?

つまり、キャンペーンのタイミングだって大事になってきます!

 

というわけで今回は…「ドコモ光のキャンペーン大特集!!」

もちろん毎月のランニングコストは変わりませんが、「キャンペーン」をモノにすることで、初期費用がぜんぜん違う!

そんなキャンペーンという名の武器を手に入れるための、ヒ・ミ・ツ…笑

大公開しちゃいます!!

…キャンペーンて何の意味??

はい、キャンペーンてそもそも何?ってことなんですが、

一口にキャンペーンと言っても色んな種類があります。

 

まぁ本来は単純に「宣伝活動」なんてことを意味する言葉らしいですが…

ただ、プロモーションの観点から言えばキャンペーンとは「『一定期間』の販売促進」のこと!

つまり、「期間限定の割引」ってな意味ですね!

 

そこで今回はドコモ光の基本料金以外の部分、要するにドコモ光の「期間限定の割引」をいくつか紹介していきます!

カタログに載っていない情報なんかも出しちゃうので要チェックです!!

 

①ドコモ光の公式でやっているキャンペーン

まずは「ドコモ光の公式でやっているキャンペーン!」から!

まぁ序の口ですね、このあたりは。

 

ドコモ光の公式って何かというと要するにドコモ光を申し込んだ方に基本適用されるということ。

ただし、あくまでキャンペーンなので「期間限定」ということを忘れずに!!

 

というわけで、下記の通り。

  • dポイント還元:新規の方には10,000ポイント・転用の方には5,000ポイントプレゼント!!
  • 新規工事費18,000円が無料:最大18,000円の工事費が無料

ドコモ光申し込みで…「dポイント還元!!」と「新規工事費無料!」

 

はい、もう書いてある通りです。

ポイント還元や工事費を無料にしますよってこと。

「ん?ちょっと待って。新規?転用?何それ?」って方は下記で確認。

 

新規?転用? 2種類の申し込みの方法

皆さん「転用」って言葉は聞いたことありますか?

「転用」とはフレッツ光を使っている人のみが適用される特別な状態。

そう、フレッツ光の方のみです!

はい、先にくぎ刺しておくと「おれ、もともとフレッツ光だよ!」って方はだめ!!

あくまで「現在フレッツ光を使っている状態」でないといけないわけです。

 

「え、どういうことなの?」「フレッツで使ってるってメリットがあることなの?」

 

まぁまぁ急ぎなさんな笑

今のインターネット業界の話から始めましょう。

 

コラボ光はインターネットの自由化てこと!

2015年2月、今から約4年前、NTTの「フレッツ光」が実は大きな変革を迎えました。

そう、名前は「コラボ光。」

正式名称は「光コラボレーションモデル。」

どんな制度なのか。

NTTがフレッツ光回線を別の他社に貸し出すことで、他の会社もインターネット業界に簡単に新規参入ができるようになったって制度です!

まだまだ難しいか。

もっと噛み砕いて言うと、「電力の自由化」みたいなイメージかな笑

実際、いろんな会社が参入していてフレッツ光の回線を借りて自社回線として売り出している。

 

皆さんが聞いたことあるような

  • BIGLOBE光(ビックローブひかり)
  • OCN光(オーシーエヌひかり)

などのプロバイダ系の会社も当然参入していますし、

他にも、

「ディーエムエ~ム~ドット~コム♪」というCMで有名なDMMが運営しているDMM光(ディーエムエムひかり)や、パソコンショップのPC DEPOT(ピーシーデポ)が運営するOzzio光(オッジオひかり)

なんてのもあります。

 

で、実はドコモ光もそのうちの一つなんです。

「え?」て思いました?思ったでしょ?

そうなんです。ドコモ光もフレッツ光の回線を借りているだけ。

まぁ同じNTTグループでフレッツ光というインターネットを元々やっていたので、それを借りないほうがおかしいですよね?笑

とりあえずコラボ光とはそういうこと。

 

じゃあその本題の「転用」てのは何かって話に戻るんですが、

それは「フレッツ光から別のコラボ光に変えること」を言います。

で、実は「転用」ってのは非常に簡単。

「転用」というのは…「フレッツ光の回線を利用している方が他社が運営する回線に変えること。」でしたよね?

ということは「実際には今まで通り同じフレッツ光の回線を使う」ってことですよね?

つまり、転用の方は「工事が必要ない。」ということになります。

かかるのは手数料3,000円だけ。

ここに5,000ポイントのみ付与っていう理由があるわけです。

だって本当に手数料3,000円しかかからないんですもん。

今までのフレッツ光回線を使うわけですから、工事もいらない。

ただ単純に契約が変わるだけってわけです。

転用はものすごーく簡単な作業なんです。

はい、転用についての説明は以上です。わかりましたね?

 

 

転用は簡単。じゃあ新規は?

で、話を先に進めますね。

転用は簡単。じゃあ新規は?と言うと、

新規は別に難しいってわけじゃないんですが、

結論、「費用」がかかるんです。

転用は「フレッツ光の人だけが適用される特別な状態」でしたよね?

 

じゃあ逆に新規はどうかって言うとフレッツ光以外の人はぜ〜んぶ「新規」の扱いになるんです!

例えば、初めてネットを家に引く方もいれば今ケーブルテレビでインターネットをやっていてそこから光回線に変える人もいる。

光回線よりもずっと大昔の回線ADSLから変えるなんて人もいますね。

これは全部新規扱い。

 

で、ここからが大事。

新規として申し込むとなんで転用の時よりもポイントが多く返ってくるかって言うと、それだけ費用がかかるから。

新規の方は基本、下記のような手続きが必要となります。

  • 現状の回線の解約&解約金支払い
  • 工事&工事代金支払い

などなど。

 

実際には、今どの回線を使っているかによっていろんなパターンがあるので、一概には言えないですが、要するに…

新規は「転用よりカネも手間もかかる。」

ってのが結論です。

ちなみに注意点が一つ。「もともとフレッツ光だったよ」って方。

これ、要注意なんです。

 

コラボ光は生卵と一緒!?

はい、いきますよ笑

「コラボ光は生卵の考え方と一緒なんです」笑

「なんじゃそれ?」ってなりますよね~笑

はい、どういうことか説明しますね。

 

生卵って温めるとゆで卵になりますよね?(バカにしてるわけじゃないですから!)

では、ゆで卵から生卵に戻す方法ってありますか?

…うん…、「ない」ですよね?

 

これをなんて言うかっていうと、その手の専門用語で「不可逆性(ふかぎゃくせい)」って言うんです。

要するに「元には戻らない」事。

 

で、コラボ光もそれと一緒。

フレッツ光からコラボ光にすることはできる。

ただ、コラボ光からフレッツ光に戻すことはできないんです。

要するに不可逆性。

つまり何が言いたいかっていうと、

元フレッツを使っていたっていう方も、すでにOCN光などのコラボ光になっていれば「現状フレッツという契約状態ではない」ので、転用での申し込みは出来ずに新規として申し込むしかないのです。

ってことはさっきの挙げた工事費や解約金がかかってくる。

 

「え?使っているのは同じNTTの回線なのに工事費もいるの?」って思う人もいるでしょうが、基本この工事費はかかってしまうんですね。

まぁ、よくいるのはOCN光に変えてしまったが、ランニングコストの安いドコモ光に変えたいだとか。

ちなみにコラボ光に変えてしまった場合、通常通り解約して新規で申し込むと現状の固定の電話番号が消失して、また新しい電話番号が発番されることになります。

そう、「通常だと」です。

ただ、当然それだと困るので固定電話番号をそのまま引き継ぐ方法があるんですが、だいたい10,000円以上はかかる。

「アナログ戻し」っていう名の手続きですが。

まぁとにかく結論、新規は費用がかかるから10,000ポイント返ってくるよってことを覚えておいてください笑

 

何度も言います、期間限定のキャンペーンです!

はい、まぁ色々書きましたが今インターネットを使っていなくてこれからネットを入れる方は、当然解約金がいらないので、10,000ポイントのdポイントと初期工事費無料があれば、お得に申込むことができます。

ちなみにこの「dポイント還元施策」はずっと言ってる通り、「期間限定」

2019年の5月6日までに申し込んだ方が対象です!

早めのご決断をオススメします!

 

②プロバイダ側のキャンペーン!!

「①ドコモ光の公式でやっているキャンペーン」はどうでしたか?

最大10,000ポイントって結構大きな金額ですよね!?

まぁただ、こんなのは基本どこの店でも(もしくは電話で申し込みであっても)適用されますからね。

だが、ここからは違う!

選ぶプロバイダによってもキャンペーンはいくつか存在するんです!

ただひとくちにプロバイダのキャンペーンと言っても、やってるとこと&やってないとこがあるので、「有名なもの」や「これぞってもの」を3つほど比較していきます!

下記の通り!!

  • So-net(ソネット)

大手Sonyグループの参加にあるプロバイダ。

このSo-netにはなんと!「初回無料の訪問サポート」がついている!

工事員とは別に設定やら何やらで人がご自宅に伺うとなると当然費用が発生する。

ただ、So-netは違うんです!

無料で設定をしに来てくれます!

なんとまぁフォローの手厚いプロバイダです!

 

  • OCN(オーシーエヌ)

いわずもがなNTTグループ傘下。NTTコミュニケーションズという会社が運営しています。

ここでもなんと「初回無料の訪問サポート」がついてくる!

ただしOCNは通常プロバイダより200円高い「タイプB」と呼ばれるグループに属するので、毎月の料金は少し上がってしまうかも!

 

  • 最後にGMOとくとくBB!

GMOとくとくBBのキャンペーンは上の2つとはまた毛色が違う!

なんと、「15,00円の現金キャッシュバック!!」

まぁそのままです笑 15,000円返ってくるってこと。

ちなみに現金キャッシュバックは期間限定なのでお早めに!(光電話に加入しない場合は5,500円)

また、GMOはWi-Fiルーターの無料レンタルのキャンペーンもやっているので、なかなかキャンペーンが多いプロバイダ!

独断と偏見ですが、プロバイダによるキャンペーン内容を比較するとすればGMOとくとくBBが一番ってとこでしょうかね!!

 

お店独自でやっているキャンペーン!

「熱い」って言葉知ってますか?よく携帯業界で使われる言葉なんですが、

要するに「テンションが上がる」ってこと。

よく「今月のキャンペーン熱いですねぇ!」とか使われます。

総じて「良い」って意味ですね笑 (パチンコでも使いますね!)

また、「キャンペーンが走る」なんてこともよく言われますね。

まぁそんな小ネタは置いておいて。

実はそんな熱いキャンペーンが走っている「お店」や「時期」には特徴があるんです!

 

特徴①ドコモショップのほうが熱い!(場合がある)

実は、ドコモショップのほうが熱いキャンペーンをやっているお店もある!

関東近郊のドコモショップで最大で30,000円のキャッシュバックを見たことがあります!

ただ、キャッシュバックの適用条件が厳しかったので注意は必要です!

自分に不要なオプションがてんこ盛りで勝手に付けられちゃいます!笑

 

逆に家電量販店はそこまでキャンペーン内容が充実しているイメージは無し。まぁ「店による」っていうのが結論になってしまうんですが。

どちらかと言うと家電量販店では熱気ムンムン!売る気満々!てな感じなので、きちんと見定めることが大事だったり笑

お店の名前は言えないですが…根気強く探すのもありかも!!

 

ちなみに最近では、総務省の是正により表立って「キャッシュバック」と謳うことは禁止されていてミステリーショッパー(覆面調査員)が回っていることも。

キョロキョロしすぎて、店員さんに警戒されないよう注意して下さい。

 

特徴②月末を狙う

ちなみに、どこのショップも量販店も月末は契約件数が足りないものなんです。

なので店舗独自のキャンペーンを狙うのであれば月末に色んな場所を回ること!

契約件数の欲しさに融通が利く可能性が高まります!

 

さぁ、ここまでいろいろ書きましたが、とにかく色んな店・プロバイダのキャンペーンを比較してみることが大事!

ランニングコストこそ変わりませんがキャンペーンを使って、初期費用をうまく0円に近づけましょう!!

 

というわけなんですが、メモを片手にいちいち歩き回って調査するのは正直めんどくさい笑

ネットで申込める中で、最もキャンペーンが熱いのは、さっきも出てきたGMOとくとくBBです。

圧倒的にキャンペーン内容が充実していて、サポート体制も十分!

ドコモ光に申込む人も大半がGMOで申込んでるという噂が出回るほど笑

>>GMOとくとくBBのドコモ光

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -