パンダの、パンダによる、ドコモ光ユーザーのためのサイトです

ドコモパンダ|ドコモ光のプロバイダ比較サイト

穴を空けたりする?ドコモ光の工事内容&工事費用を分かりやすく解説!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

さてさて今回はドコモ光の工事特集!!

「ついに我が家にも初めてネット導入だ~!ん?そういえば工事って何やるの?」

はい、そんなこと言ったって契約してからじゃ遅いですよ笑

さて、初めて工事をされる方は不安でいっぱいですよね?

「どんなことするんだろ?穴は開くのか?追加費用ってもしかして結構かかったりする…?」

今回はドコモ光を初めて導入する方にうってつけ!

ドコモ光の工事内容大公開!!

  • 「本当にこの費用で大丈夫なの?」
  • 「やっぱり工事って穴開けるの?」

など、工事の実情を公開しちゃいます!

特に説明員からは聞けない実際の部分を公開しますので、

ひとまず下記をご覧あれ!!

ドコモ光の工事はどのようなことをするのか?

さて、ドコモ光工事。

実際はどのようなことをするのか?

それではいったん、概略を少し。

ドコモ光の工事は…

実際のところ「光ファイバーケーブルという線(光回線)を引き込んで、きちんとつながったか確認するだけの作業」になります。

時間にして1〜2時間ほどと言ったところでしょうか。

工事の時間帯は9時から17時が基本。

ちなみにドコモ光サポートセンター(0120-766-156)に電話して確認したところ、午前中・午後イチ・夕方の時間に分かれていまして、お客様のお好みの時間帯に伺うことができるとのこと。

また工事に関しては申し込みから最低でも2週間前後からの受付となるそうです。

なので、申し込みしたからといってすぐ使えるようになるわけではないので要注意!

一応、工事予約が取れる最長で言うと「翌月末」まで。それ以降になりますと、ドコモ光サポートセンター(0120-766-156)で工事の予約を再度電話で取る必要があります!

まぁ簡単に言うとこんなところですね。

 

マンションタイプ・一戸建てタイプの工事内容と工事費用

では実際のところ、工事内容はどんなことをし、費用はどのくらいかかるのでしょうか?

 

工事費用は最大18,000円!

まずは工事費用から!!

  • マンションやアパート:工事費用15,000円
  • 一戸建て:工事費用18,000円

まぁアパートの方は戸数によって少し注意が必要なんですが、今はマンションタイプに含めておきましょう。

一戸建てとマンションやアパートなど住居形態によって工事内容が若干異なるため、金額が少し違います。

で、まぁ実際この一戸建てであれば最大18,000円の工事費用が必ずかかってくるんですが、

最大分割60回払いまで対応できるとともに、今現状のキャンペーンとして2018年5月7日まで「工事費無料キャンペーン」が行われているため、費用は一切かかりません。

しかも、今なら最大10,000ポイントのdポイント還元キャンペーンが行われているため、工事費無料と合わせてさらにお得になります。

 

工事内容は戸建てとマンションで少し違う

さて、次に工事内容を見ていきましょう。

先に言っておくと工事費用同様、一戸建てとマンション(アパート)では工事内容が少し異なる。

一戸建てタイプとマンションやアパートタイプでどう工事が異なってくるのか?そのあたりも工事内容の実態を詳しく見てきます。

先程も言いましたように、

実際は基本的に光配線の引き込みとそのチェックという工程になります。

なんのチェックかって言うと、きちんとつながるかのチェックってだけなんですが、

モデム(正式にはONU)という機械を置いて、最終的にその機械からきちんと引き込んだ光回線が通っているか確認して終わりです。

ね?簡単でしょ?

特に工事中あれしてこれしてということもないですから、工事員の方が接続チェックやらしている姿を優しく見守ってあげればいいわけです笑

ちなみにマンションやアパートの方は一戸建てと違って、これ以上に簡単でスピーディ!

なんでかって言うと、光回線の引き込み工事が終わっているから!

光の引き込み工事ってのは何かって言うと、電線を利用して光回線の線(光ファイバーケーブル)を家まで持ってくることを言います。

自分の家を外側から見ると、電柱から線が出て家までつたっていますよね?あれと同じイメージ。

で、相当古いマンションや特殊な事例でない限り、基本的にはマンションには光回線が引き込まれた状態で建っています。

マンションやアパートタイプの工事費用が一戸建てより安いのは、光回線の引き込み工事をしないことが多いからなのかもしれません。

(※ちなみに完全に工事費用が2000円だけで済む無派遣工事ってのもあるくらいです)

なので、早ければ30分で終わったというご家庭も中にはあるそう。

 

工事をする前は許可をとっておこう!

ただ、ここ注意!

マンションやアパートの方は(ちなみに一戸建ての方でもとにかく持ち家じゃない方は)大家さんや管理会社に必ず伝えて許可をとっておくこと!!

自治体が運営母体となっている住居(市営・区営住宅等)の場合は、特に注意が必要!

区役所や市役所に相談が必要です。

「え?ネットの工事入れるだけでもそんなことまでしなくちゃならないの?」

って思うかもしれませんが、あとあと問題起きるのも面倒です。

せっかく費用払って工事したのに後から外して下さいって言われても工事費用、返ってこないですからね笑

ネットを入れる前に許可をとっておくに越したことはありません!

で、許可を取るのはもちろんのこと、

MDF(エムディーエフ)室の解錠が必要なんですね。

MDF室?なにそれ?どこの部署?笑

これ、何かって言いますと、

要するに配電盤のお部屋。

工事員さんは、ほぼここでの作業が必要になるんですね!

で、そのお部屋の鍵は管理人さん、管理会社さん、大家さんが持っていることが多い。

まぁずっと開いてるマンションもありますけどね!

とにかく工事員の方はMDF室(つまり配電盤のお部屋)で作業することがありますから、その部屋を必ず開けられるような状態にしておきましょう!

 

転用の場合は最大速度の変更で工事費用が変わる?

さてここで少しとっておき情報を。

転用(切り替え)の方は朗報です!

工事費用2,000円で今よりも速度が5倍〜10倍に上がります!

って言われたらやらない手はないですよね!?

はい、ホントなんです!!

そうつまり、工事費用2,000円だけで速度がめちゃくちゃ上がってしまう。

一戸建ての方もマンションの方もアパートの方も!!

 

歴史から話しましょう。

2014年7月フレッツ光で1ギガタイプが開始されました。

その名もギガファミリー・ギガマンション。

そのままですね笑 ちなみにファミリーってのは一戸建てタイプのこと。ギガアパートてのはないです笑

で、一応ドコモ光が始まったのは2015年2月くらい。

ということは、ドコモ光の始まる半年前くらいにフレッツ光はすでにサービスが始まっていますね。

で、このギガって何かって言いますと、

「速度」のことなんですね。

実は今までの通信速度には「0.1ギガ」か「0.2ギガ」のタイプしかなかった。

まぁ単位もギガなんてものは主流じゃなくて、100「メガ」とか200「メガ」とか言ってたわけなんですが。

要するに今の主流である1ギガタイプと比べると昔の100メガ・200メガのタイプは、今の10分の1か5分の1の速度しか出ていなかったわけです。

 

それが

やーっと1ギガタイプに対応しました!

これはかなり大事件!

だって今までよりずっと速いんだもの!

 

で、その1ギガタイプなんですが、

今までの100メガ・200メガタイプと少し異なる。

 

そう、費用面。

毎月の費用が少し高くなるんです。

だいたい100メガ・200メガよりも一戸建て・マンション(アパート)ともに400円から500円くらい高い。

まぁ当たり前ですよね。それだけ速いんですもん。

それに元々100メガ・200メガの料金で公表してたので、1ギガタイプも同じ費用です!なんて言ったら今まで何だったんだ!ってなりますからね。

けどまぁ実際の話を致しますと、始まった当時は1ギガタイプなんて代物はまだまだ浸透していなかったんです。

工事費用払うだけならまだしも、毎月の通信費用高くなってまで速くしなくていいよってみんな思ってた。

ただ、これ実はフレッツのお話。

「ん?何が?」ってなりますよね?

はい、つまりドコモ光は違うんです。

いつでしたっけ?

ドコモ光が始まったの。

そう、2015年2月。

フレッツ光で1ギガが開始したのは?

2014年7月。

そう、つまりドコモ光が始まったのはフレッツ光で1ギガタイプが開始された後のことなんです。

 

つまり何が言いたいかっていうと、ドコモ光が始まった時には世間でもう1ギガタイプが始まっていたので、

「ドコモ光は1ギガタイプでしか申し込みできない」んです!!

さあここで、ひとつの疑問が浮かび上がります。

それが「元々フレッツ光の100メガ・200メガのタイプを使っていて、ドコモ光に変えた人の速度はどうなるか?」です。

そんな方々がドコモ光に切り替えるとどうなるのでしょうか?

実は、「そのままの速度での申し込み」になるんです。

つまり100メガとか200メガのまま。

転用は当然工事も入らないし、工事費用もかからず手数料3,000円だけ。特に速度も変わらず、ドコモのケータイとセット料金にするってだけですから。

「あれ?どういうこと?ドコモ光は1ギガじゃないの?」

そう、何度も言うようにドコモ光は1ギガタイプでの提供。

 

じゃあどういうことかというと、

「今でも100メガ・200メガで使っている方がドコモ光への転用を申し出れば、『毎月の費用は今と変わらず』ドコモ光の通常提供速度である1ギガタイプに変更できる!!」ってことなんです!

 

しかも工事費用2,000円で!

マンションであっても一戸建てであってもアパートであっても、です!

 

ただしひとつ注意。

マンションやアパートの場合は一戸建てと違って、そもそもの速さが決められているんです。

このアパートは100メガ対応とか、あっちのマンションは1ギガ対応とか。マンション自体の作りの違いによるものらしい。

最近では1ギガタイプ対応のマンションも多いものの、上記の理由で必ずしも速度が上げられるわけではないので要注意です。(一戸建ての場合は特に問題ありません!)

で、ここも「実際には…」の話なんですが、

住居によっては工事を入れる必要のない無派遣工事のパターンもあります!

また逆に大抵のご家庭で工事費用2,000円の負担で大丈夫ですが、住居状況や現状のタイプによっては工事費用が少し高めになることもありますので…

 

とにかく速度を上げたいときはドコモ光サポートセンター(0120-766-156)に電話して、自宅の状況を確認しながら進めてみてください!

 

立ち会いは必要か?

ちなみにドコモ光の工事は立会必須!

ただし友人・知人でも問題なし!

まぁ工事員の方が不法侵入とみなされなければ良いというだけです笑

最悪どなたかに頼んで家にいてもらいましょう!

 

工事は壁に穴を開ける?

工事を入れるときに家に穴を開ける必要があるのかどうなのか?

永遠のテーマですね。インターネット入れたいけど家の外壁に穴は開けたくない。

はい、結論!

穴を開けることは実際にはほとんどありません。

実際はエアコンダクトや電話線を使って光回線の引き込み工事を終えてしまいます。

ただーし!

外壁にビスはつける可能性ありです!!

要するに一戸建てのタイプであれば光回線を家に引き込む際、光回線が壁面をつたうことはほぼ必須ですから、光回線をちょっとやそっとで外れないようにしておかなければならない。

そのためのビスはご勘弁を!!

 

工事する際の注意点(追加で工事費を請求されることも・土日は高いetc)

ここからは工事する際の注意点をいくつか紹介していますので、確認していきましょう。

 

戸数によって注意が必要!?マンション・アパートの棲み分けとは?

はい、現在住んでいるマンションやアパートの戸数が少ない方。注意です。

基本的に4戸未満の世帯は一戸建てタイプとみなされてしまうんです。

時に4戸以上の世帯でも一戸建てタイプとなることがあります!

ちなみに一戸建てタイプとみなされた場合、工事費用も利用料金もすべて一戸建てタイプのものになりますので、要注意!

申し込み時にわかりますので、もしかしたら該当するかな?という方は事前に調べておくのが良いでしょう!!

 

え?聞いてた工事費用と違う? 追加費用発生事例とは?

ここも実際ドコモ光サポートセンターの方に電話して聞いてみました!

「一戸建てやマンション・アパートの住居形態や住居の特殊事例によって工事費用が急に変わったりするのか」という答えに対して「基本ないとのこと。」

ただし、追加費用発生事例があるそうです!

さて、下記の通り!

  • 土日の工事は3,000円の追加費用がかかる

実は土日祝日に関しては工事費用が3000円上がってしまうんです…!!

なので、土日に急いでやる必要なく平日に時間を見つけて工事を入れるべし!

さてイメージ湧きましたでしょうか?

ドコモ光の工事内容。「我が家の大改革」って思う方も多いですが、これを読んだあなたは「あれ?そういえば明日が大改革だっけ?」って思ってればいいんですよ笑

 

今なら工事費無料キャンペーンが実施中(2018年9月30日まで)

しかも今ならドコモ光を申込むと、工事を無料で行ってくれます。利用者の立場からしてこれはありがたいですねぇ。

さらに、さらに!

ドコモ光のプロバイダをGMOとくとくBBにすると、最高15,000円のキャッシュバックがもらえます!

ドコモ光のプロバイダは、何を選んでも良いのですが、このようなキャッシュバックを提供しているのはGMOとくとくBBくらいなんですね。

プロバイダに対してそれほどこだわりがない方は、GMOとくとくBBはオススメです!

GMOとくとくBBのドコモ光

 

この記事を書いている人 - WRITER -