パンダの、パンダによる、ドコモ光ユーザーのためのサイトです

ドコモパンダ|ドコモ光のプロバイダ比較サイト

あなたは損してない?「dカード」のポイントを上手に貯める使い方とは?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ドコモが提供するポイントカード「dカード」。ネットショッピングやお店で商品を購入する際「dカードでdポイントが貯まる!」といった宣伝を見たことがあるのではないでしょうか?

実はこのdカードには、ポイントだけが貯まるものやクレジット決済が搭載されたもの、ポイント還元率が通常の10倍になったものなど、カードの種類が多いんですね。

今回はそんな「dカード」について、カードの種類やポイントを上手く貯める使い方、実際にカードを発行するまでの申込み方法を詳しくご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

dカードには種類がいくつか存在する

dカードとは、ドコモが提供するお得なポイントカードです。ですがdカードと一口に言っても、dカードにはたくさんの種類が存在します。

まずは、dカードの種類をご紹介致します。

  • クレジットカード機能の無い:dポイントカード
  • クレジットカード機能がある①:dカード
  • クレジットカード機能がある②:dカード GOLD
  • プリペイド機能がある:dカード プリペイド
  • おサイフケータイのみ:dカード mini

これら全てを総称して「dカード」と呼びます。どれにも共通しているのは、dポイントが貯まるということです。

dカードを介して実店舗やネットショップでの購入金額の決済や公共料金のお支払いを行うとdポイントが貯まります。そして貯まったdポイントを別の商品の購入金額やサービスの利用料金に充てることで、コストを抑えることが出来たりさらに買い物を楽しむことが出来たりするためdカードは便利でお得なカードです。

とは言っても「ただのポイントカードでは?」「年会費や入会費は発生するの?」「ぶっちゃけ使い勝手は良いの?」「利用できるお店が少なくない?」などなど疑問や不安があるかもしれません。そこで、次の項目よりdカードについて正しい情報を掲載していきます。

※当記事では主に「dポイントカード」「dカード」「dカード GOLD」について紹介しており、「dカード プリペイド」「dカード mini」に関しては省略しています。

 

dポイントカード|クレジット機能なし

dポイントカードは、クレジットカード機能が付与されていません。そのため、審査も無くどなたでも気軽に発行することが出来ます。dポイントカードは、ドコモショップの窓口やdカードの公式サイトから申し込みをして発行することが可能です。

さらにドコモはdポイントに関してローソンやマクドナルドとも提携しているため、全国のローソンやマクドナルドの店舗で発行することも出来ます。

ポイントカードの発行というと「書類に記入が必要なのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、ご安心下さい。

dポイントカードの発行に際しては、店舗でdポイントカードを発行する場合だと入会申込書への記入など面倒な作業を行う必要なくすぐに発行することが可能です。

インターネットからdポイントカード発行の申し込みを行う際には、郵送先の住所等の入力が必要となります。

 

dカード|クレジット機能あり

dカードは、dポイントカードにクレジットカード機能が付いたものとなります。クレジットカード機能が付いているため、dカードを発行する際には必ず申し込み手続きが必要となります。申し込みは、全国のドコモショップやdカード公式サイトから行うことが出来ます。

また申し込み方法に関して、ドコモショップで申し込みを行う場合はその場で記入用紙に住所やお名前や口座情報、勤務先や世帯年収等の必要事項を記入し、その場でスタッフが登録を行います。

その後審査を通過すると、自宅にdカードが郵送されるため裏面にお名前を記入するとすぐに使い始めることが出来ます。

クレジットカードのブランドは「MasterCard」と「VISA」の2種類からお好きな方を選ぶことが出来ます。また近年のクレジットカードに多いETCカード機能も付与することが可能なため、必要な方は記入用紙にその旨を記入しましょう。

dカード公式サイトから申し込みを行う場合、上記の記入用紙が郵送されるため同じ様に必要事項を記入して、同封されている返信用封筒に用紙を入れポストに投函しましょう。

dカードのポイントサービスとしては基本的には1%ポイント還元で、ドコモのモバイル回線やご自宅向けのインターネット光回線である「ドコモ光」を利用するとご利用金額1,000円につき10ポイント貯まる仕組みとなっています。

また、ショッピングの利用でも1%ポイント還元となっていて、こちらに関してはご利用金額100円につき1ポイント貯まる仕組みとなっています。dカードを使ってdポイントを貯める方法については後述します。

またdカードに入会できる条件としては4つ掲げられております。

  • 個人名義であること
  • 満18際以上の者で継続収入があること
  • 本人名義の口座を設定出来ること
  • その他当社が定める条件を満たすこと

※4つ目については、公表されていません。

dカードはdポイントカードと異なりクレジットカード機能が付与されているため年会費や入会費が発生しそうですが、初年度は無料で利用することが出来ます。

さらに2年目以降に関しても、初年度にスマホの月額料金やお買い物でのお支払い、ETCでdカードを利用すれば年会費は発生しません。万が一、dカードを発行してから1年以上利用しない場合には2年目から年会費1,250円が発生します。

クレジットカードのお支払日と締め日について、毎月16日~翌月15日までのご利用分が翌々月10日に口座から引き落とされます。

例えば、ドコモのスマホを利用していてお支払い方法にdカードを設定している場合、5月利用分は5月末日に確定するため本来であれば6月末日までがお支払い期限となっていますが、dカードの締め日は6月15日となるためお引き落としとなるのは7月10日です。

 

dカード GOLD|クレジット機能あり

dカード GOLDは、dカードのゴージャスバージョンという位置づけのクレジットカード機能が付いたカードです。

申し込み方法や申し込みが出来る場所、お支払日などといった基本スペックはdカードと同じですが、dカード GOLDの場合は年会費が10,000円発生します。月額料金で表すと毎月約833円発生することになります。

年会費が高いように感じますが、dカード GOLDの場合ドコモのスマホやドコモ光の利用で還元されるポイントがdカードの10倍となります。つまり、ご利用金額1,000円につき100ポイント貯まります。

例えば、ご家族全員でドコモのスマホやケータイを利用していて、さらにご自宅のインターネット回線もドコモ光を契約したとします。そして1ヶ月あたりにドコモで発生する料金が合計20,000円だとすると、1ヶ月で2,000ポイント貯まることになります。年間で貯まるポイントは、24,000ポイントです。

このポイントはdポイントという形で貯まり、基本的に1ポイント1円でドコモの通信費やお買物金額に充てて利用することが可能です。つまり、dカード GOLDの年会費が10,000円発生しても貯まるポイントと差し引きすると14,000円分お得ということになります。

ここで注意したいのは、dカードが定める「ご利用料金」にスマホ自体の端末代金は含まれていないという点です。そのため、高額なスマホを何台も持ってドコモからの請求額が高額になったとしても、飽くまで対象となるのはプランやサービスについてのみとなります。

インターネットもスマホも全てご家族でドコモに統一することでお得になるという背景や、国内の空港ラウンジが無料で利用できるという背景から現在では会員数400万人を突破しています。

 

ポイントの二重取りが可能!もちろん合法的に笑

dカードやdカード GOLDを利用して買い物をすると、お得にポイントを貯めることが出来ます。

上記で触れたようなdカードを使ってお買い物をすると100円につき1ポイント付与される決済ポイントに加えて、利用した金額に応じて1%以上のdポイントが貯まる店舗をdカード特約店と呼びます。決済以外でもポイントが貯まるパターンは少し分かりにくいため、以下の表にまとめます。

特典 内容 合計
①dカード決済 3%OFF 5%お得!
②dカード決済 1%ポイント還元
③dカード提示 1%ポイント還元

上記はローソンでお買い物をした時を想定しています。一部対象外の商品はあるものの、dカード決済を行うことで店内の商品を3%OFFで購入することができ、さらにdカード決済のポイント還元とdカード提示のポイント還元を合わせると2%ポイント還元されます。

そのため、dカードを利用するとポイントの二重取りをしてさらに商品を安く購入することが出来ます。

 

dカードはどこで使える?加盟店で使ったらさらにポイントが貯まる

dカードは「MasterCard」か「VISA」のどちらかのクレジットカードブランドを選択出来るため、クレジットカード機能はこのどちらかのブランドに対応している店舗やサービスであればどこでも利用することが可能です。

さらに「dポイントクラブ」というdカードと連動したポイントプログラムの加盟店であれば、100円の決済につき1ポイントといったようにdポイントを貯めることが出来ます。

よく利用される街のdポイントクラブの加盟店は「スターバックス」「セブンイレブン」「高島屋」等です。全国的に展開している店舗が加盟しているため、お住まいのエリアを問わずどこでもお得にdカードでポイントを貯めることが出来ます。

 

まとめ

ドコモが提供するdカードは大きく分けて5つの種類に分類され、それぞれでカードの申し込み方法やポイント還元率など特徴が違うことが分かりました。

その中でも、「dポイントカード」「dカード」「dカード GOLD」のこの3つのカードは多くの利用者が活用しており、ポイント還元率が1%から10%と変動したり、二重でポイントがもらえたりとお得なカードとなっています。

当記事でそれぞれのカードに向いている人の特徴を挙げてみると、以下のようになります。

  • dポイントカード:クレジット機能が要らない方
  • dカード:年会費無料でクレジット機能を使いたい方
  • dカードGOLD:ドコモ光やドコモスマホを使っている方(ドコモのサービス利用でポイント還元率が10倍になる)

特に、dカードGOLDはドコモユーザーにとってお得なポイント還元率となっているため、家族でドコモスマホを使っている場合はおススメのカードとなります。

ご自分の利用用途に合わせて、dカードを選んでみてくださいね!

この記事を書いている人 - WRITER -