パンダの、パンダによる、ドコモ光ユーザーのためのサイトです

ドコモパンダ|ドコモ光のプロバイダ比較サイト

dマガジン利用者の口コミ・評判は?月額料金はいくらかかる?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ドコモから提供している電子書籍サービスdマガジン。どんなサービスでも、実際に使う前にそのサービスを使っている人の口コミや評判は知りたいものです。dマガジンの場合例えば、

  • 月額料金は高いのか?安いのか?
  • アプリの使い勝手は良いのか?
  • ドコモユーザーしか使えないのか?

など、他にもdマガジンについて、利用者がどのように評価しているか気になるものですよね。

今回はそんなdマガジンを利用する人の口コミ・評判を中心に、dマガジンの特徴について紹介していきます。

1. dマガジンの特徴

dマガジンは、ドコモが運営している電子書籍媒体の雑誌が読み放題のサービスです。利用者数は2016年3月時点で既に300万人を突破していて、かなり多くの方に親しまれているドコモのサービスです。

 

1-1. 月額料金400円で雑誌が読み放題

dマガジンの月額料金はたったの400円です。雑誌が読み放題のサービスで、この価格はdマガジンで提供されているほとんどの雑誌1冊の価格よりも安い金額で楽しむことが出来ます。

取り扱われている雑誌は「an・an」や「Tarzan」、「PRESIDENT」など200誌以上の最新号が読み放題となっていて、女性から男性のビジネスマンまで幅広い層の方が楽しめるようなラインナップとなっています。

ドコモでは似たサービスにdブックという電子書籍のサービスを提供しています。そちらでは小説やビジネス書やコミックを読むことが出来ますが、dマガジンは飽くまで雑誌に特化したサービスであるためコミックの閲覧は行なえません。

 

1-2. 初回無料お試しキャンペーンが付いている

dブックでは、初回無料お試しキャンペーンとして初めて利用する方に限ってdマガジンの登録から31日間が無料期間となっています。

無料期間中であっても有料登録者と同じサービスを利用することが出来るため、dマガジンがどのようなサービスでどんな時に楽しめるサービスなのかを無料で試すことが出来ます。さらに期間も長く31日間と設定されているため、かなりお得に雑誌を読むことが出来ます。

 

1-3.ドコモユーザー以外も使える

dマガジンはドコモが提供しているサービスですが、ドコモユーザー以外の方でも利用することが可能です。ドコモのアカウントサービスである「dアカウント」というアカウントを取得することでdマガジンの利用が可能となります。

もちろんドコモユーザーはドコモ利用時にdアカウントを発行するためそのまま利用することが出来ます。dマガジンはドコモが手がけている便利な雑誌読み放題サービスですが、auやソフトバンクといった他社回線の方でも気軽にdアカウントを取得して利用できるという点がかなり便利です。

これはdマガジンに限らず、ドコモが提供している動画配信サービスである「dTV」やアニメの配信に特化した「dアニメストア」でも同様に他社回線の方でもdアカウントを取得することで利用が可能となります。取得するdアカウントは一つだけで良く、一つのdアカウントでドコモのあらゆるサービスが利用可能となります。

 

1-4. バックナンバーも読める

dマガジンでは最新の雑誌が配信されていることはもちろんですが、過去に発売されたバックナンバーも読むことが可能となっています。

書店の紙媒体で雑誌を読もうとするとどうしても最新号ばかりが陳列されていて、バックナンバーを読むためには出版社や書店に問い合わせをして取り寄せる必要があり、実際にバックナンバーを読めるまでには時間もお金もかかるためコストとしては大きいです。

ですがdマガジンの場合は電子書籍媒体でバックナンバーをすぐに読み放題サービスで読むことが出来るため、バックナンバーを読むための時間やお金といったあらゆるコストを削減することが出来ます。

バックナンバーを含めるとdマガジンでは1,500冊以上の雑誌が取り扱われています。こうした点もdマガジンの大きな特徴でありメリットであると言えます。

 

1-5. ダウンロードすればオフラインで読める

dマガジンで配信されている雑誌はダウンロードすることが可能です。つまり、事前に読みたい雑誌をスマホやタブレットにダウンロードしておくことでインターネット環境が無い状況でも電子書籍媒体の雑誌を読めます。

テキストが多いコンテンツとはいえ、雑誌は写真なども多く掲載されているため4G・LTE回線といったモバイル回線での利用はやはり契約しているデータ容量を圧迫してしまいます。

ですが、Wi-Fiに接続した状態でdマガジンの雑誌をダウンロードしておけばモバイル回線を利用すること無く雑誌が読めます。

dマガジンで取り扱われている雑誌のダウンロード先は端末本体となるため、アプリや写真や音楽といったデータで本体容量に空きがほとんど無いという場合は写真や動画や音楽ファイルをある程度クラウドやmicro SDカードといった外部ストレージに移しておきましょう。

そうすることでよりdマガジンをオフラインで読みやすくなります。

 

1-6. 登録台数は一つのアカウントで5台まで

dマガジンの利用登録台数は1アカウントにつき5台までと制限されています。

その中にはパソコンのブラウザも含まれているため利用する際には注意しましょう。1つのdアカウントをご家族で共有して運用する場合、登録台数が増えることも考えられるためなるべく利用率の高い端末(スマホやタブレット)のみを登録するように工夫しましょう。

ですが、お一人で1つのdアカウントを利用する場合はスマホとタブレットとパソコンの全てを登録してもほとんど問題なく利用することが可能なため、安心して利用することが可能です。

 

2. dマガジンの利用者の口コミ・評判を紹介

次に、dマガジンを利用している方から寄せられている口コミや評判を見ていきましょう。口コミ・評判には良いものとそうでないものが含まれているため、どちらもご紹介致します。

 

2-1. 料金が安いため元が取れると評判になっている

200誌以上の雑誌が読み放題であるdマガジンの月額料金は400円です。上記でも触れたように、この金額は雑誌1冊分の価格よりも安い金額であると言えます。

雑誌の価格帯はほとんどが500円~700円であるのに対し、読み放題でありながら月額400円というのはかなりお得です。そのため口コミにもある通り1冊読むだけでも元が取れます。

 

2-2. 雑誌が読み放題と話題に

こちらの評判は、何度もご紹介しているところですがdマガジンは雑誌が読み放題です。月額400円で雑誌が読み放題というのは破格であると言って良いレベルの安さです。

月額料金が安いサービスのため配信されている雑誌の数も少ないかというと決してそんなことはなく、女性から男性まで幅広い利用者層を狙っていてかつファッション雑誌からビジネス雑誌まで多彩なジャンルを取り扱っています。多くの雑誌を取り扱っているdマガジンは多くの方におすすめできる雑誌専門の電子書籍サービスです。

 

2-3. アプリが使いにくいという評価

口コミ内にある「UI」とはユーザーインターフェースの略で、簡単に言うと使い勝手のことを指します。ボタンの配置やアイコンの場所などが使いにくい場合に「UIが使いにくい」と使われます。

dマガジンはスマホやタブレットで閲覧する際に基本的にアプリで操作を行うため、この点の評価が低いと当然ながら使いにくいアプリという評価になってしまいます。

ですが口コミでは「iOS(iPhoneやiPad)っぽくないから」という理由ですので、iPhoneやiPadの使い勝手でなければ使いにくいと感じる方でなければ問題なく利用することが可能だと言えます。全ての方に共通して言えるわけではありませんが、多くの人には共通して言えることです。

 

3. dマガジンの注意点

最後に、dマガジンの注意点を確認しましょう。dマガジンはお得で便利なサービスですが、注意しておくべき点がいくつかあるため注意点を3つに絞ってご紹介致します。

 

3-1.月の途中で登録もしくは解約しても日割りにはならない

ドコモが提供しているサービスには日割り計算をしてくれるサービスも存在しますが、dマガジンの場合は定額制で月額料金が日割り計算されません。

そのため、例えば当月の初日に解約をしたとすると1日しか利用していないにも関わらず1ヶ月分の料金が請求されます。

契約を行う際は31日間の初回無料期間があるためいつ登録しても無料で利用することが出来ますが、2回目以降の契約の場合はなるべく月の初日に契約をした方がお得です。さらに解約を行う場合は月の末日に解約をした方がお得です。

 

3-2.検索欄には雑誌の正式名称を入力しなければならない

雑誌を検索する時、雑誌の名前をなんとなく覚えていて検索するという方も少なくありません。

雑誌はテキストよりも表紙の写真のインパクトの方が強いため、雑誌の正式名称を覚えているケースはあまり多くないことが想定されます。

ですがdマガジンは読みたい雑誌を検索するために雑誌の正式名称が必要となります。ジャンルからも雑誌を選ぶことが出来るため、お気に入りの雑誌を見つけたら次回から検索出来るように正式名称を覚えておきましょう。

 

3-3.dマガジンの対応機種でなければならない

dマガジンを利用するためには、専用アプリに対応しているデバイスでないと利用することが出来ません。

またパソコンの場合もdマガジンを閲覧できる推奨ブラウザが限定されています。以下にdマガジンに対応している環境一覧をまとめます。

 

【Android端末】

  • Androidバージョン4.3~8.0の機種

 

【iOS(iPhone・iPad)】

  • アプリから利用する場合…iOS7.0~11.3
  • ブラウザから利用する場合…iOS8.0以降の標準インターネットブラウザ

 

【パソコン】

  • Microsoft Windows7以上およびMac OS10.6以上
  • 推奨ブラウザ
  • Internet Explorer 11.0以上
  • Microsoft Edge 20.x以上
  • Safari 8.0以上
  • Firefox 42以上
  • Chrome 45以上

上記の環境であれば、基本的に問題なく動作します。

 

4. まとめ

dマガジンには初回無料キャンペーンがあるため、どれほど便利なサービスなのかと一度試してみても良いサービスです。

もし、使い勝手が悪かったり読みたい雑誌が無かったりした場合は、初回無料キャンペーンの期間内に解約をすれば料金は全く発生しません。

口コミ・評判でも料金が安く元が取れると評判になっているため、雑誌をたくさん読む方にとっては大きなメリットのあるサービスです。

ただし中にはアプリが使いにくいという評判もあります。こうした点は今後のdマガジンサービスの向上に期待したいところです。

この記事を書いている人 - WRITER -