パンダの、パンダによる、ドコモ光ユーザーのためのサイトです

ドコモパンダ|ドコモ光のプロバイダ比較サイト

口コミで評判!dフォトの料金や無料キャンペーンについて徹底解説!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ドコモが運営するサービスの一つであるdフォト。

dフォトとは、子供や家族、友人などの大切な写真を写真集として残せる「プリント機能サービス」やクラウド上で写真を預けることができる「お預かり機能」が搭載されています。また、新規の申込み者向けに無料キャンペーンも提供しています。

今回はそんなdフォトを実際に利用している方の口コミや評判について紹介し、どのような点で便利に使え、どういった点で不便なのかを紹介していきます。dフォトを使うかどうかお悩みの方はぜひ参考にどうぞ。

1. dフォトの特徴|月額料金やキャンペーン

dフォトとは、ドコモが提供している写真向けのサービスです。

冒頭でも簡単に紹介しましたが、dフォトのサービスを使うと、

  1. プリント機能サービス(旧:フォトコレクションプラス)
  2. お預かり機能(旧:フォトコレクション)

の2種類を使うことが出来るということで、利用者からの口コミも上々です。今回はdフォトの特徴について項目別でご紹介致します。

 

1-1. プリントサービス機能の月額料金は280円

dフォトのプリントサービス機能は、月額280円で月に1冊のフォトブックか30枚のL判プリントのどちらかを選んで利用することが出来ます。

フォトブックの場合は、当月に申込みを行わないと4冊分まで繰り越すことが出来ます。そのため、まとめて多くのフォトブックが欲しいというタイミングに合わせて事前にフォトブックの申込みを調整することも可能です。

月額280円で利用できる通常タイプのフォトブックではソフトカバーでの提供となりますが、1冊あたり2,980円を支払うことでハードカバータイプのフォトブックに変更することも出来ます。

フォトブックの注文時には、写真選びや編集をスマホから簡単に行うことが出来るため、いつでも時間のあるタイミングで利用できます。さらにフォトブックの送料が無料となっているため、フォトブックを作成すること以外でのコストが発生しません。

写真お預かり機能では、スマホ内の写真をドコモが提供するクラウドストレージに保存することが出来ます。無料で利用できる容量は5GBとされていて、無料で提供される容量の範囲で利用する場合は別途申込みが必要がありません。

そのため、万が一スマホが水濡れ故障や画面割れなどのスマホの操作が行えなくなってしまうような故障をしてしまった際やスマホの紛失や盗難といったトラブルにあった際でも写真だけはドコモのクラウドに逃がしておくことが出来ます。

写真お預かり機能は、スマホから利用できることはもちろんパソコンからも利用可能です。そのため、一度パソコンに移した写真もまとめてドコモのクラウドに保存することが出来ます。

無料で利用できるクラウドの容量で足りないという方は毎月追加料金を支払うことでクラウド容量をプラスすることが可能です。以下に料金と容量をまとめます。

容量 月額料金
プラス10GB 100円
プラス25GB 200円
プラス50GB 400円

容量はどれも無料で利用できる5GBにプラスとなるため、例えば月額料金が100円のプラス10GBを利用する場合は合計15GB利用することが可能です。

 

1-2. 無料キャンペーンがついてくる

dフォトでは、プリントサービス機能においても写真お預かり機能においてもどちらも無料キャンペーンがついてきます。プリントサービス機能ではフォトブックが初回1冊分無料となるキャンペーンがついてきます。

dフォトのプリントサービス機能申込みから31日間が無料期間となっていて、この期間を過ぎると通常の料金となるため注意しましょう。

また、写真お預かりサービスで利用するクラウド容量オプションも31日間は無料で使うことが出来ます。クラウドの使い方が気に入るかどうかを試してみて、気に入ったら月額料金を支払って継続して利用するという使い方が出来るため便利です。

 

1-3. 子育て応援プログラムが利用できる

dフォトでは、ドコモの子育て応援プログラムを利用できます。

子育て応援プログラムは12歳以下のお子様がいる方限定で利用できるプログラムで、dフォトの場合は最大13ヶ月まで通常フォトブックの作成が無料で出来たりL判プリントが無料作成出来たりするかなりお得なプログラムです。

また、対象のお子様が小学校を卒業するまでは写真お預かり機能で利用する「クラウド容量オプションプラス50GB」が無料となります。

近年ドコモで発売されているスマホはどれも高画質な写真を撮影することが可能となっていますが、その反面写真1枚あたりの容量が大きくなってしまうというのがネックです。

ですが、お子様が小学校を卒業するまでは最大容量の「クラウド容量オプションプラス50GB」を無料で使うことが出来るため、楽しく撮影した写真を安心して保存することが出来ます。

ドコモの子育て応援プログラムはフォトブックを無料で作成するだけではなく、お子様が13歳になるまではdポイントが毎年3,000ポイントもらうことも出来ます。

そのため、例えば0歳のお子様がいるご家庭で子育て応援プログラムに加入した場合「3,000ポイント×13回」で合計39,000ポイントも受け取ることが出来ます。

 

2. dフォトの口コミ

それではdフォトに寄せられている評判や口コミを見ていきましょう。こちらでは、dフォトの口コミとしてTwitterに寄せられているものを参考にご紹介致します。

 

2-1.フォトコレクションがdフォトにリニューアルされて使いづらい

冒頭でも少し触れているように、dフォトはドコモが以前まで提供していた写真向けサービスがリニューアルされたものです。

フォトブックを作成することが出来るプリントサービス機能は、以前まで「フォトコレクションプラス」というサービスで提供されていました。

また、ドコモのクラウドに写真を保存出来る写真お預かり機能は、以前まで「フォトコレクション」として提供されていました。

ですが、ドコモのサービスが「d」シリーズとして提供されるようになってからこれらの写真向けサービスがリニューアルされて一つの「dフォト」というサービスになりました。

 

2-2.フォトブック(冊子)を作るのが簡単

作成できるフォトブックのサイズは「145×145×3mm」の正方形となっていて、全24ページのものとなります。ページに収録する写真はスマホに入っているお好きなものを選べるため、シーン別でアルバムを作成することも出来ます。

例えば、お子様の運動会を撮影した様子であれば、お子様が運動会で頑張る名シーンをピックアップしたフォトブックを作ることが出来ます。

ページ数は全体で24ページですが、収録できる写真数は表紙写真が1枚と写真ページが20枚の合計21枚とされています。フォトブックに使用している用紙はマットコート紙であるため、届いたフォトブックにマジックペンなどで文字を書き込むことも出来ます。

そうすることで、さらに楽しい思い出としてご家族などで共有することが出来ます。フォトブック作成の申込みはスマホからいつでもどこでも行えるためかなり気軽にフォトブックを作成できます。こうしたサービスによって、フォトブックを作るのが簡単で便利だという口コミが寄せられています。

 

2-3.料金が安いと評判

何度も触れているように、dフォトでは月額280円でフォトブックを1冊作成することが出来ます。口コミにもあるように、他社のフォトブックサービスを利用すると700円以上のコストが発生することが多いです。

枚数によって価格が変動することもありますが、dフォトなら使わなかった月の分を繰り越して最大4冊分までフォトブックを繰り越しておくことが出来ます。

dフォトのプリントサービス機能はフォトブック1冊あたりでの請求ではなく月額料金での請求であるため、既に繰り越している4冊分を一度に申込んだとしても料金は変わらず月額280円です。

こうしたフォトブックが月額280円で利用出来るのは、やはり他社と比べても安いというお得感を感じさせます。

 

3. まとめ

dフォトは、iPhoneやAndroidスマホから利用する場合はApp StoreやGoogle Play Storeでリリースされているアプリをダウンロードしてインストールするだけで使うことが出来ます。

ドコモが提供しているクラウドを使うdフォトの写真お預かり機能を利用する場合は、事前の申込みをする必要なく5GBの容量が提供されます。

プリントサービス機能やクラウド容量オプションを使ってクラウド容量をアップする場合は申込みが必要ですが、申込みはWebから行うことが出来るためわざわざドコモショップまで行かなくても簡単に申込みを行えます。

今回ご紹介したように利用者からの口コミも上々で、特にプリントサービス機能は使い方が簡単で料金も安いと評判になっています。dフォトは、旅行やイベントやお子様との触れ合いを写真に残したい方にはピッタリのサービスです。

こちらの記事もよく読まれています

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -