パンダの、パンダによる、ドコモ光ユーザーのためのサイトです

ドコモパンダ|ドコモ光のプロバイダ比較サイト

【2018年ver.】ドコモの学割でスマホ料金が280円に!?ハピチャンやdポイントなど他にもお得なサービスが提供中!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

毎年、春先のシーズンになると三大キャリアは学割キャンペーンを発表されていますが、その年によって内容が異なります。

また、三大キャリアの間で、価格競争も行われています。

今年はドコモではどのような内容の学割が実施されているのでしょうか?

  • 内容は本当にお得なのか?
  • 条件はどういったものか?
  • デメリットはないのか?

など、気になる人は少なくないでしょう。

ここでは消費者の人が見落としがちなポイントを交えながら、2018年のドコモの学割について解説します。

ドコモで学割を受けるべきか悩んでいる人は、参考にしてくださいね。

1.ドコモの学割の内容

2018年のドコモの学割は、条件を満たせる人なら三大キャリアの中で最もお得なキャンペーンだと言えます。

条件を満たせないと、そこまでお得にはなりません。

 

1-1.月額料金が280円になる

条件をクリアできる人が2018年のドコモの学割を申し込めば、スマホ代が280円になります。

「ドコモ 2018年学割適用時の月額料金」

項目 金額
基本使用料(シンプルプラン) 980円
シェアオプション+ISP 800円
ドコモの学割 -1,500円
合計 280円

この金額だけを見ると、2018年のドコモの学割はとてもお得なように見えますよね。

しかし、実はある2つの条件をクリアしなければ、ドコモの学割を申し込んでもそれほどお得にはなりません。

 

1-2.月額料金を280円するには2つの条件がある

ドコモの学割を受けてスマホ代を280円にするには、

  • 家族にドコモの利用者がいる
  • シェアパックを利用する(子回線になる)

この2つが前提になります。家族にドコモの利用者がいなければ、月額料金を280円にすることはできません。

しかも家族にドコモの利用者が居たとしても、「シェアパック」を契約していなければ、月額料金ははるかに高くなります。

ここで言う「シェアパック」とは、親回線と子回線でデータ容量を分け合うプランのことです。例えば、10GBのシェアパックを契約していた場合だと、親と子と最大10GBまでを月間データ容量として共有します。

ドコモの学割で月額料金を280円にするには、このシェアパックの「子回線」にならなければいけません。

もしデータ量をシェアしてくれる親回線がいないと、学割を受ける回線自体がデータ量を持つプランに契約しなければいけません。

親回線がいない状態で学割を受けると、月額料金「280円」からほど遠い金額になります。

「家族にドコモ利用者がいない場合の月額料金」

項目 データSパックⓇ(2GB) データMパックⓇ(5GB) ウルトラデータLパックⓇ(20GB) ウルトラデータLLパックⓇ(30GB)
基本使用料(カケホーダイライトプラン) 1,700円 1,700円 カケホーダイライト シンプル カケホーダイライト シンプル
1,700円 980円 1,700円 980円
データ定額+ISP 3,800円 5,300円 6,300円 8,300円
ドコモの学割 -1,500円 -1,500円 -1,500円 -1,500円
合計 4,000円 5,500円 6,500円 5,780円 8,500円 7,780円

※シェアパックの子回線になれない場合、シンプルプランを利用できるのはウルトラデータLパックとウルトラデータLLパックのみ。

ご覧の通り、シェアパックに加入していないとスマホ料金を280円にすることはできません。

また、たとえシェアパックの親回線があったとしても、毎月利用できるデータ量は親回線の契約内容に依存します。

例えば、親回線がシェアパック5を契約している場合、1ヶ月で利用できるデータ量は5GBまでになってしまいます。

5GBと言っても、家族でシェアすることを考えると、学割を受けるスマホが利用できるデータ量はより少ないと考えるべきでしょう。

データ量が少ないと感じれば、親回線が持つデータ量を増やすことで問題を解消できます。しかし、データ量を増やすと親回線が負担するコストが増えてしまいます。

「パケットパック 親回線の月額料金」

項目 シェアパック5(5GB) シェアパック10(10GB) シェアパック15(15GB) ウルトラシェアパック30(30GB) ウルトラシェアパック50(50GB) ウルトラシェアパック100(100GB)
基本使用料( 980円 980円 980円 980円 980円 980円
データ定額+ISP 6,800円 9,800円 12,800円 13,800円 16,300円 25,300円
合計 7,780円 10,960円 13,780円 14,780円 17,280円 26,280円

学割が受けられる世代の人たちは、多くのデータ量を消費する人が多い傾向があります。親回線のデータ量によっては、子供から不満をぶつけられるかもしれません。

と言っても、子供のスマホ代が安くなることを考えると、学割は既存のドコモユーザーにとってとてもお得なキャンペーンと言えます。

 

1-3.家族全員に3,000円分のdポイントがプレゼント

2018年のドコモの学割は、シェアパック(親回線)のデータ容量に依存するという不安要素があります。

しかし、学割の対象にならない親回線や家族の人にもメリットがあります。

シェアパックを活用して学割を申し込むと、割引が受けられないシェアグループの人全員が3,000ptのdポイントを貰うことができます。

画像引用元:ドコモのホームページより

dポイントはローソンやマクドナルドなどで利用できるので、何気に嬉しい特典と言えるでしょう。

 

1-4.ハピチャン|25歳以下のドコモユーザーに特典を毎月プレゼント

ハピチャンとは、25歳以下のドコモユーザーを対象に毎月何かしらの特典をプレゼントするサービスのことです。2018年では3月から6月まで以下のラインナップで特典が用意されています。(※2018年4月時点)

  • 3月:グラン ベーコンチーズ1個(マクドナルド)
  • 4月:プレミアムロールケーキ2個(ローソン)
  • 5月:グラン クラブハウス1個(マクドナルド)
  • 6月:ウチカフェ濃厚ミルクワッフルコーン2個(ローソン)

これらの特典をもらう条件として、「5月のグラン クラブハウス」を例に挙げて説明します。5月の特典をもらう場合、2018年5月1日までにドコモと契約しなければなりません。一日でも過ぎてしまうと、残念ながらその月の特典はもらえません。

ですので、ハピチャンの特典をもらうために、できるだけその月の1日までに契約を行いましょう。

また、ハピチャンの利用方法は簡単で、それぞれのお店に訪問し、注文直前でクーポン券を発行します。そのクーポンを店員さんに見せるだけで、特定の商品がもらえます。

ただし、ハピチャンの特典を受けるためには、ドコモスマホの「対象の基本プラン」と「対象パケットパック」の2つを満たす必要があります。

これらの条件がそろって初めてハピチャンの対象者となります。対象となるプランは以下の通りです。

対象の基本プラン
  • カケホーダイプラン
  • カケホーダイライトプラン
  • シンプルプラン
対象のパケットパック
  • データSパック
  • データMパック
  • ウルトラデータLパック
  • ウルトラデータLLパック
  • シェアパック5
  • シェアパック10
  • シェアパック15
  • ウルトラシェアパック30
  • ウルトラシェアパック50
  • ウルトラシェアパック100

 

2.学割の適用条件

学割と聞くと、「学生でなければ割引が適用されない」というイメージを持つ人が多いと思いますが、これはもう昔の話です。

ドコモに限らず三大キャリアの学割は、25歳未満の人なら学生でなくとも受けることができます。

もちろん2018年のドコモ学割もそうですが、細かい適用対象を見てみると、

  • 新規契約(他社からの乗り換えも含む)
  • FOMAからXiへの契約変更(3Gスマホから4GLTEスマホへの変更など)
  • カケホーダイ&パケあえるへのプラン変更

この3つとなっています。

既にカケホーダイとパケあえるでスマホを利用している場合、機種変更をしても学割を受けることができません。

 

3.注意点

2018年のドコモの学割は、条件を満たせる人ならお得なキャンペーンになります。

しかし、割引される期間などの落とし穴があるので、申し込む前に注意店を知っておく必要があります。

 

3-1.月額料金が280円になるのは1年間

2018年のドコモの学割で月額料金が280円になるのは、申し込みをしてから1年間に限られます。

申し込みをしてから2年目になると学割の1,500円割引はなくなり、月額料金が1,780円になります。

シェアパックを活用しない場合も同様です。各プランごとの2年目の料金は、下記の表を参考にしてください。

「2018年ドコモの学割 2年目からの月額料金」

 

項目 家族にドコモの利用者がいる場合 家族にドコモの利用者がいない場合
シェアオプション データSパックⓇ(2GB) データMパックⓇ(5GB) ウルトラデータLパックⓇ(20GB) ウルトラデータLLパックⓇ(30GB)
カケホーダイライト シンプル カケホーダイライト シンプル
基本使用料(カケホーダイライトプラン) 980円 1,700円 1,700円 1,700円 980円 1,700円 980円
データ定額+ISP 800円 3,800円 5,300円 6,300円 8,300円
合計 1,780円 4,000円 5,500円 6,500円 7,280円 8,500円 9,280円

 

3-2.docomo withとの併用は不可

2018年のドコモの学割は、割引が永年受けられる「docomo with」と併用することができません。

画像引用元: ドコモホームページより

docomo withとは、対象機種を利用することで1,500円の割引をずっと受けることができる割引です。

学割で割引が受けられる期間は1年間なので、docomo withを選んだほうがいいように感じます。

しかし、docomo withの割引が受けられる機種は、

  • AQUOS sense SH-01K
  • MONO MO-01K
  • Galaxy Feel SC-04J
  • arrows Be F-05J
  • らくらくスマートフォンme(F-03K)

この5つしかないうえに、端末の実施代金が安くなる月月サポートを受けることができません。

iPhoneやXperiaなどを使いたい人は、2018年の学割だけが選択肢になります。

 

3-3.プレゼントされるdポイントには有効期限がある

シェアグループ内の家族にプレゼントされる3,000ptのdポイントには、有効期限があります。従来のdポイントは、付与された月から48ヶ月後の月末までが有効期限になります。

学割の特典として付与されるdポイントは、獲得した翌々月の月末までが有効期限になっています。

そのため、学割の特典として貰ったdポイントは、なるべく早めに使わなければいけません。

 

3-4.端末代金が別途必要になる

学割の申し込みと同時に新しいスマホを購入すると、先ほど説明した料金とは別に端末代の分割支払い金が発生します。

と言っても、新規契約や他社からの乗り換えであれば、機種変更応援プログラムプラスによって端末代金が半額近くまで安くなります。

画像引用元: ドコモホームページより

iPhone8を購入しても月額料金の合計が1,155円になるので、端末代金は大きな負担にはなりません。

 

4.まとめ

2018年のドコモの学割は、

  • 家族にドコモの利用者がいる
  • 家族がドコモでシェアパックを利用している

この2つの条件を満たしていれば、スマホ代を280円にすることができます。

しかし、学割が受けられるのは、申し込んでから1年間です。2年目になると、月額料金が1,500円高くなってしまいます

と言っても、シェアパックを適用しただけでも子回線のスマホ代は相当安いので、既存のドコモユーザーなら検討してみる価値があるでしょう。

この記事を書いている人 - WRITER -