パンダの、パンダによる、ドコモ光ユーザーのためのサイトです

ドコモパンダ|ドコモ光のプロバイダ比較サイト

実は超簡単!ドコモ光を引越し先でも継続して利用する方法!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

さてさて、今回はドコモ光の引越し特集!!

 

ドコモ光を契約したはいいが、そう言えば引越しする時ってどうするの?

  • 新築建ちました!よし!準備もできた!今のマンションからいざ引越し!
  • あれ?ちょっと待って。
  • こないだ引いたドコモ光、どうするんだっけ?

ってことにならないように早めに準備しとかなくちゃダメですよね笑

もしかして解約金がかかる?なんて思ってる人もいるかと思います!

今回はそんな方向けに、引っ越し先でもドコモ光を継続して利用する方法をご紹介していきたいと思います。

ドコモ光、引越し先でも引き続き利用することが可能!

結論から言いますと、ドコモ光は引越し先でもそのまま継続して使うことが可能です!

しかも「移転」という手続き一本で!

つまり解約して新規申込みという面倒な手続きは基本必要ありません!

 

ただーし!工事は基本的に入ります!

よくマンションに引っ越す方なんかが勘違いしている事例なんですが、

モデムをそのまま持っていってインターネットが継続して使えるかと言われると

大間違い!!

新築なんかはもちろん工事入れなければ使えませんが、マンションであっても基本開通の作業というのが入りますので、工事は入れなければなりません!

 

で、工事は当然予約が必要になるので、引越し先が決まったらなるべく早めに手続き(つまり工事予約)をしておくこと!!

ん?じゃあ手続きってどうやればいいの!?

 

はい、もちろんお教えしましょう!

 

今までのように引越し先でもドコモ光を利用する手続きとは

必要な手続きとしては…

実は電話一本!!

0120-766-156(ドコモ光サポートセンター)に電話して移転の旨を伝えます。

その後の流れとしては引越し先を伝えて工事予約を取るだけ!

 

ちなみに書類関連は基本的に不要!

なので引越し先が決まったらもう連絡を入れてしまって構いません!

 

で、当然ながら工事は立ち合いが必須。

そのため、実際に鍵の引き渡し日がわかってから工事予約を入れるべきですね。

また、マンションの場合は大家さんや管理会社に事前に許可が必要となるので、契約時にすぐネットの引越し作業(工事)が入ることを伝えておくとベストです!

 

工事を入れる際は事前に伝えておかないと、

引越し早々ギクシャクしても嫌ですからね!

 

最近だとフリーレントの期間があるマンションも多いのでその間にやってしまうのもアリかもしれません!

これにてドコモ光の継続完了!

 

料金について!

じゃあ料金はいくらなの?と。

基本的には手数料+工事費用で計算します!

 

まずは手数料として2,000円!

移転手数料というやつですね。

 

で、じゃあ肝心の工事費用。

下記の通り!

  • マンションへ引越し→2,000円~7,500円
  • 戸建てへ引越し→2,000円~9,000円

 

そう、今現在ドコモ光が引いてある住居形態は関係ないのです。

要するに次に引越し先がどの住居形態なのかによってドコモ光の移転の工事費用が決まります。

 

ん?ちょっと待って?

2,000円からっていうのは何?

はい、お答えします。

 

2,000円という事例は、基本無派遣工事と言って以前住んでいた方が光回線を入れる工事をすでに行っており、また撤去をしていない場合には適用される手続き方法です。

無派遣工事というその名の通り、工事員の派遣がありません。

要するにモデムだけ送って、これ付けてください。で、はい終了。

これでドコモ光の継続利用ができるってわけです!

 

ちなみに光回線っていうのは基本的に撤去しないんですよ。

撤去するにも費用がかかりますし、手間もありますから。

 

なおかつ!

光回線は残しておいても特にデメリットのあるものじゃないですからね。

基本次に入る方がインターネットを使うのであればそのまま継続できて得しますし!

オーナーさんや大家さんの考え方にも寄りますが、基本退去時に残しておいてもオッケーな住宅が多いかも!

 

引越し先が新築の戸建てです、とかだと当然前の住人から継続して…とか言う話ではないので笑、無派遣工事は難しいとは思いますが、次の引越し先で光回線が引いてある&撤去してない場合はすごく安く移転できるのです!

 

(かくいう私の家もマンションですが、以前住んでいた方がたまたま光回線を入れていたようで、ドコモ光の新規申込み工事費用がなんと、無派遣工事の2,000円で済みました!)

 

2.手続きの流れ!!

それでは実際のドコモ光移転の手続きの流れをご説明します!

…と思ったんですが、実際は電話一本で済んでしまう。

ほんとにそれだけでいいんです。

一応言っておくと電話→工事&引越しって流れでしょうか。

まぁ引越し先で早くドコモ光を使いたいという方は、引越し前なおかつ鍵の引き渡し日以降に工事すべきですね!!

 

ちなみに…

マンションなんかは特にそうなんですが、

引越し先で速さが変わる場合があります。

 

これはエリアやその住居の作りによるもの。

 

戸建ての場合はたいてい1Gbpsという速度で提供されていますが、

マンションの場合その住居の作りによって…

  • 100Mbps
  • 200Mbps
  • 1Gbps

という対応速度が決められているんです。

 

ん?1Gbpsって何の略?って思ってる方。

細かいこと気にしない!笑

 

まぁとにかく速さが3段階あって100Mbps→200Mbps→1Gbpsの順番。つまり1Gbpsが一番速いって思ってください。

で、マンションごとにこの住居は100Mbpsとか、この住居は1Gbpsっていうのが決められてるんですよ。

 

そのため、引越しに伴いドコモ光の速度が変わるってことはよくあるんです!

移転時のちょっとした注意点でした!

 

東日本から東日本、または西日本から西日本への引越しの注意点!

さて、引き続きドコモ光移転時の意外な注意点を説明しましょう!

 

それは…「固定電話番号」!!

 

そうなんです。

固定電話番号に関してはどんなに引越し先が近くても変わる可能性がある!

 

というのも固定電話番号は交換局という市町村の区分けとは全く別の区分によって分けられているためなんです!

 

つまり、固定電話番号はどんなに近くへの引越しでも継続できるとは限らない。

 

これはもうドコモ光を解約しようが移転しようが何をしようが決まり事なので仕方がありません。

まぁここに関してはドコモ光というよりかNTT本体の管轄なので、何かしら確認したいときは「116」にかけてみて下さい!

 

東日本から西日本、または西日本から東日本への引越しの注意点とは?

さて、ではこんな場合はどうか?

東日本で使っているドコモ光を西日本に移転する場合。

またその逆もしかり。

 

え?東から西?西から東?遠い引越しだから何か問題あるの?って思ってるそんな方。

遠さは関係ないんです。

そう、日本の大手通信事業者は東と西で分かれているんですよ。

 

難しいですね笑

 

つまり、NTTには東日本と西日本があってその二つは分かれているってこと。

 

で、そんなだから

東と西をまたぐ場合は通常の移転とはすこーし異なる。

 

そう、ドコモ光の移転工事料金が少し高いんです。

  • マンションへの引越し→15,000円
  • 戸建てへの引越し→18,000円

 

通常の移転費の2倍なんですが、まぁこれ単純にドコモ光の新規申込みの場合の工事料金と一緒です。

 

で、手続きに関して言うと実はフレッツ光の時代はめちゃくちゃ面倒だった。

なんでかって言うとご想像の通りNTT東西の関係があるから。

 

要するにNTT東日本とNTT西日本とでは管轄が違う。

つまり東日本から西日本へ引越しすることで管轄部署が違くなってしまうんですね。

え?そんなのこっちには関係なくない?

って思うでしょうが、日本の制度として東と西とが分かれた形で始まっているので、元より仕方のないことなんです…。

 

で、フレッツ光の場合…、

  • 解約して新規申込みになる…
  • 利用料金も別物になる…

 

はい、もう継続とかそういうレベルじゃないわけです。

こんなの面倒くさいですよね。

 

同じ日本国内でNTTという親会社は一緒なのに、なんで西や東に引越しするだけで色んなところに電話して料金も別物になるんだと。

 

 

ただーし!ドコモ光は全国一律!!

 

なので電話一本で継続利用可能!

なおかつ料金は一緒!

 

はい、全然心配することはありません!

まぁ一応工事員はそれぞれの会社の方がいらっしゃいますが笑

 

で!もう一つだけ注意点!

 

プロバイダのことです。

 

実はプロバイダには提供エリアってのがありまして、

必ずしも次の場所で継続して利用できるわけでは無いので要注意です。

 

その場合、解約金がかかる場合もあるので引越し前に確認しておきましょう。

 

ちなみにモデムなどの機器類は継続して使うわけではなく基本的にキットが送られてくるので現在使用のものは一旦返却、新しい引越し先で再度借りるという形になります!

 

引越しにかかる費用まとめ!

ということで、基本的には引越しの際は0120-766-156(ドコモ光サポートセンター)に電話して移転することを伝えるだけで、ドコモ光を別の場所でも継続利用ができる!

 

解約して新規申込みなんて面倒な手続きは踏まなくてもよいわけです!

 

ただーし!「解約して新規申込み」をした方がいいパターンがあります!

それはキャッシュバック!

 

キャッシュバックがある場合、計算すると実は「今のドコモ光をあえて解約して別途新規申込み」の方が安いパターンがあるのです!!

 

え?そんなことってあるの?

そう、例えばキャッシュバック合計が20,000円という場合。

 

東西をまたぐマンションからマンションへの引越しの方だったらどうでしょう?

 

移転の場合はこんな感じの料金になりますね。

  • 移転費用15,000円+移転手数料2,000円=17,000円

 

それでは「解約して新規申込み」の場合はどうか?

  • 現状のドコモ光解約金8,000円+新規工事費用15,000円+手数料3,000円=26,000円

 

ただし新規申込みに対して20,000円というキャッシュバックが出ていた場合は…

  • 移転の場合→17,000円
  • 解約して新規申し込みの場合→26,000円-20,000円=6,000円

 

あれ?解約して新規申込みの方が安くなる?

 

そうなんです。

キャッシュバック内容によっては解約して新規申込みの方が安いこともあります。

実際にドコモ光新規申込みの方には期間限定で20,000ポイント(1ポイント=1円)のキャッシュバックキャンペーンが行われているので、実際に解約新規のほうが安くなる事例はよくあるんです。

 

ただし注意点が一つ。

 

…「面倒くさい」です笑

 

ドコモ光の解約と新規申込みを同時に自分でしなければならず、当然電話一本では済みません。

 

また、固定電話(ひかり電話)を使っている場合は、いったんアナログ戻しの手続きが必要であったり…

というような問題も絡んでくるため安いからと言って安易に選ぶべき手法ではありません。

 

まぁ実はそんなことも含めて回答してくれるのが0120-766-156(ドコモ光サポートセンター)!

引越しの時はここに聞いてみるのが一番かなと!

 

詳しい方も多く簡単にドコモ光継続利用できちゃいますから、焦らず悩まずまずは電話をしてみましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -