パンダの、パンダによる、ドコモ光ユーザーのためのサイトです

ドコモパンダ|ドコモ光のプロバイダ比較サイト

比較して分かった!ドコモ光のプロバイダは新規格IPv6に対応しているのがオススメ!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

さて今回はドコモ光の速度に関する大調査!!

まずドコモ光の対応プロバイダによって速度が違うっていうのはもう皆さんご存知かな?

 

今回はそんなプロバイダごとにその速度を比較していこうかなと思うのですが…

さて、プロバイダの速度。どうやって比較していこう?

  • 口コミ?
  • 評判?

それもそうですが、今回はきちんと一つの基準を持って話を進めたい!

そう、新規格「IPv6」!!

 

まずこれ何て読むの?って方もいるとは思いますが、とにかく!

ドコモ光×IPv6の授業始めます!

IPv6であなたのドコモ光はもっと速くなる!

さてドコモ光。その速度の裏にはIPv6があるんです!!

なんて読むかって?

 

アイピーブイロク。

 

ロクでもシックスでもどちらでも良いですが、

まぁこのIPv6。

とにかく超速い。

そう。

もうそれだけ。

 

前置き長いのってだいたい嫌われますから、それだけ覚えて次の章に行きましょう笑

 

IPv6とは何ぞや?

さて、そのIPv6ってなんなのでしょう??

 

はい、IPv6ってのはわかりやすく言うと、

IPv4の次世代!!

 

え?わかりやすくない?笑

はい、まぁ冗談はさておき笑

 

それではまず、簡単なところから始めていきましょうか。

IPv6のIPってなんのことだか知ってます?

 

「Internet Protocol(インターネットプロトコル)」

入り口の名前から難しそうけども笑

まぁついてきてください。

 

Internetはわかりますよね?そのまんま。インターネット。

 

じゃあProtocol(プロトコル)って何か?

「プロトコル」ってのは「ルール」のことなんです。

 

つまりインターネットのルールがv4からv6に変わったよってこと。

ん?vって何のv?

そう、vとはversion(ヴァージョン)のことです!

 

まぁ、まだわからなくていいんです。

とにかくヴァージョンが上がったってこと。

ヴァージョン4からヴァージョン6へ。

ちなみに正確に言うと、4から6へヴァージョンを上げざるを得なかった。

 

IPv4(ヴァージョン4)とIPv6(ヴァージョン6)の違い。

ここにおいてまずプロバイダの比較が出てくるわけです。

 

つまり、ドコモ光対応プロバイダの中でどれがIPv6で、どれがIPv4なのか。

 

まぁただし…「ドコモ光の中のIPv6対応のプロバイダはこれです!!」

って先に結論を言っちゃうとつまらないので、IPv4とIPv6の話をもう少ししましょう。

あ、ちなみに言っときますけど、次章はドコモ光とプロバイダの話を一旦置いといてくださいね笑

 

火星に人類がアドレスを作る笑

さて、なんでインターネットのルールがヴァージョン4から6に変わったの?

 

じゃあ例えば皆さん、もし地球が人間で埋め尽くされちゃったらどうします?

おそらく「火星に行く」という選択肢が思い浮かんだのではないですか?

 

そういうことです!

そういうことじゃないわ!って声が聞こえてきそうですね笑

 

すみません、ただそんなイメージでいいのです。

 

つまり正確に言うとパソコンとかの製品にはアドレスっていうのが必ずついてるんですよ。

111.10.25.54とかそんなようなやつ。

まぁ型番みたいなもんですかね。

だけど今ドコモ光に代表されるように、インターネットがとてつもなく普及してますよね?

 

だから、そのアドレスが足りなくなってきちゃったわけなんです。

 

そう、この状況が「人がいっぱいになって埋め尽くされちゃった地球」と一緒ってわけです。

アドレス(住所)足りなくなったら他のアドレス(住所)を探すしかないですよね?

じゃあ、「地球のアドレス(住所)が足りなくなったら火星に行きますよね?」ってのはどういうことかというと、

 

IPv4ってアドレスの数だともう対応できないほどインターネットが普及したからルールを新しくしなくちゃいけないと。

んで、できたのがIPv6。

比較すると、

IPv4は111.10.25.54。イメージこんな感じ。

IPv6はというと、

A125:574D:5862:ING8:IU89…ってまだまだ書ききれないくらい長い笑

 

まぁとにかく火星はIPv6ってことね笑

 

インターネットのルール(プロトコル)が4から6に変わったよ、っていうのはこういうこと。

わかりました?

 

ちなみにIPv5ってのは別で使われてるらしい。まぁ補足でした笑

 

ん?IPv6って実は速くない?

ん?IPv6が次世代のルールってことはわかったけども、何でIPv6だと速いわけ?

まぁまぁ、焦らず行きましょうよ。

 

さて!まずは見てください!

これがドコモ光のIPv6対応プロバイダ!

  • ぷらら
  • So-net
  • BIGLOBE
  • DTI
  • @nifty
  • AsahiNet
  • WAKWAK
  • OCN
  • GMOとくとくBB

あれ?なんだよ。

ほとんどのプロバイダがIPv6に対応してるのか。

 

これじゃIPv4とIPv6の比較も何もないわ。

 

そんなんですよね。はい、皆さんがそう思うのも致し方ない。

で、えーっと、さらにここで一つ、衝撃の事実を発表しましょう。

 

「実はIPv6は別に速くない。」

 

はい、この記事ならびに筆者に対する信頼性がガクッと下がったところですかね笑

そうなんです。

「IPv6は別に速くない」んです。

 

正しい言葉を使いましょう。

「IPv6が速いわけではない」です。

 

少し下記の表を見て下さい。

 

ドコモ光の対応プロバイダの中で「IPv6」かつ「IPoE接続」のプロバイダ!

  • BIGLOBE
  • @nifty
  • AsahiNet
  • OCN
  • GMOとくとくBB

など

まずは何を意味しているか説明しましょう。

先程記載したのは「ドコモ光のプロバイダの中で、IPv6に対応しているプロバイダ。」

今書いたのは「ドコモ光のプロバイダの中で、IPv6かつ『IPoE接続』のプロバイダ。」

 

さて、文章を比較してわかったことは…

「IPoE接続(アイピーオーイー)。」

 

はぁ、やっと本題にたどり着きました。

「IPoE接続」こそがIPv6の速さの秘訣なんです!

 

IPoE接続とは?

少し聞いてください。

今からIPv4とIPv6をもっと比較しますね。

 

結論を先に話しましょう。

「今までのIPv4ではPPPoE(ピーピーピーオーイー)と呼ばれる方法で接続していたのに、IPv6ではIPoE(アイピーオーイー)接続ってのができるようになったんです。」

 

おっとまた面倒な比較が笑

PPPoEとIPoE。

 

PPPoEってのはPoint to Point Protocol over Ethernetと言いましてポイントとポイントを接続するプロトコルをイーサーネット上に…

対してIPoEはInternet Protocol over Ethernet。

こちらに関してはイーサーネット上にインターネットプロトコル…。

 

はい、もう難しすぎる笑

 

ここはわからなくてもいいんです。

本当に簡単な例えだけ理解できれば。

 

というわけでこんな感じ!

  • PPPoE接続→口から肺を通って酸素を入れる呼吸法
  • IPoE接続→口を通さずそのまま肺から酸素を入れる全く新しい呼吸法!!

 

人は酸素を吸って生きてますよね。

口から空気を吸って肺を通って酸素として取り込まれる。

 

まぁ当たり前です。

これが今までのPPPoE接続。言ってみれば口呼吸。

 

ただ、IPoE接続は違う。

もう口なんて通しません。

そんなの通してたら遅いから、肺にそのまま酸素を取り込めるようにしちゃおうと。

そう、肺のダイレクト呼吸笑

 

それがIPoE接続なんです。

 

今までのPPPoE接続はトンネル方式とも呼ばれ接続トンネルを通る必要があった。

トンネル通って認証して接続する。そんなの遅いですよね。

 

ではIPoE接続はどうか?

そのトンネルがないわけです!

だから肺にダイレクトで酸素が入る笑

つまり速い。

 

ネイティブ方式とも呼ばれますね。

 

イメージ湧いたでしょうか?

なんとなくわかればそれで問題ありません笑

 

はい、というわけで、

つまり…

さっきはごめんなさい。

少し騙しました。

IPv6が速いわけじゃないんです。

IPv6からできるようになった「IPoE接続」っていうのが速いんです。

 

で、IPv6の中でもIPoE接続に対応しているかどうかはプロバイダによって違う。

IPv6でもまだPPPoE接続を採用しているプロバイダもありますからね。

 

だから、ドコモ光もプロバイダによって速度が違うし、ここでやっと本当の比較が出てくるんですね。

 

で、先程挙げたドコモ光の対応プロバイダの中で「IPv6」かつ「IPoE接続」のプロバイダ!

  • BIGLOBE
  • @nifty
  • AsahiNet
  • OCN
  • GMOとくとくBB

などはドコモ光でも最上級のプロバイダ!ってなわけです!

 

IPv6の対応エリアや設定方法について

一応記載を。

IPv6にもドコモ光同様、対応エリアがあるんです。

そもそもドコモ光にも対応エリアあったの?って方は早く「ドコモ光 エリア確認」で検索すること!笑

まぁとにかく…

IPv6にも対応エリアがある。

 

で、まぁそこもドコモ光の対応プロバイダごとによって異なるわけですね。

対応エリアはどんどん広がっていく一方ですが、事前にプロバイダ側に確認することをオススメします!

 

で、ちなみにもう一つ。

IPv6の設定方法。

え?設定方法なんてあるの!?

 

そうなんです。IPv6を使うためにはパソコン側にもWi-Fiルーター側にも設定が必要。

ただし、プロバイダが定める設定方法に沿って行えば別段問題はありません!

 

ちなみにもうお気づきの方もいるかもしれませんが、Wi-FiルーターもIPv6対応のものでないといけないので、ご注意を!!

 

IPv6対応のドコモ光プロバイダに注意すべきこと

ただし!

IPv6 IPoE接続のプロバイダがみんな速いかと言われるとそうではない。

IPv6は一つの基準でありません。

 

プロバイダには「バックボーン」という通信回線の広さがそれぞれ決まっているんです。

で、そのバックボーンは基本未公開。

 

つまり、プロバイダによってはIPv6 IPoE接続でも速くないものもあるんですね。

 

最後に一つ。IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6!!

最後に一つだけ紹介します。

「IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6」

そう、これがもう一つの比較対象。

もうナニコレ。お手上げ…ってな感じの名前ですが、

実はこれ、IPoE接続のさらに上を行く、「IPv6の完成形。」

 

ん?ってことはIPoE接続は完成形ではないってこと?

そうなんです。

実はIPoE接続はIPv6の弱点を補えなかった。

さて、では一体IPv6の弱点とは…。

 

「IPv6対応のホームページじゃないと速くない。」

 

そう。IPv6対応でないものはIPv4の速さになるわけです。

当たり前です。ホームページ側が対応していないと速いわけがない。

 

そう。速くないはず。そうなんだけど、IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6は違う。

 

IPv4のホームページをもIPv6の速さに引き上げてしまうんです。

つまりIPv6対応でないホームページでもIPv6の速さで読みこむことができる。

 

で、その「IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6」に対応したドコモ光のプロバイダが下記の通り!

 

  • GMOとくとくBB
  • BIGLOBE
  • @nifty

 

出揃いました。

さて、これで本当の比較が出来たというわけです。

 

ドコモ光を速度で選ぶならGMOとくとくBB

「けど、何?ドコモ光のプロバイダは結局どこがいいのよ?」

って当然なりますよね?

 

はい、結論ですが

ドコモ光の対応プロバイダは「GMOとくとくBB」が一番速いプロバイダらしい。

 

なんでかって言うと、プロバイダを比較してきたみんながそう言ってるから笑

 

いえいえ、別に答えを丸投げしてるわけじゃなくて、

本当にそうなんです。

 

ドコモ光のプロバイダ。結局何をどうこう言おうが、速度比較が全て。

IPv6だろうが、IPv72だろうが(そんなのないけど)、オッパッピーだろうが(もう小島よしおでしかないけど)笑

とにかく!!

速ければそれでいいんです。

 

なおかつ、ドコモ光対応プロバイダの中でGMOとくとくBBは実はその速さが証明されている。

なんでかって言うと、

平均値公開をしているから!

 

全国平均で、

  • 下り284Mbps
  • 上り205Mbps

きちんとした比較材料が公開されているのも安定した速度を提供できるという自信の表れなのかもしれません。

 

ちなみにGMOとくとくBBは最も速いIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6。

GMOとくとくBBの全国平均値から見てもIPv6の速さが証明されているということです。

新規格IPv6。だてじゃありません!

 

この記事を書いている人 - WRITER -