パンダの、パンダによる、ドコモ光ユーザーのためのサイトです

ドコモパンダ|ドコモ光のプロバイダ比較サイト

ドコモ光の無線LANルーターを無料レンタルする方法!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

高速インターネット光回線として有名な「ドコモ光」を契約して、無線でインターネットに接続する時に必須になるのが「無線LANルーター」という装置です。

この無線LANルーターを導入することで、ご自宅のあらゆる場所からスマホやタブレットをドコモ光に接続することが出来るようになります。

この無線LANルーターは「購入」をするか「レンタル」をするかの方法で利用することが可能となります。どちらにしてもコストが発生しますが、実はある窓口からドコモ光を申込むとルーターのレンタル料金が無料となります。

今回はその無料でレンタルできる方法についてご紹介していきます。

1. ルーターを無料レンタルできる方法が「GMOとくとくBB」で申込むこと

ドコモ光を申込む際はドコモの公式サイトからが良いと思いがちですが、実は「GMOとくとくBB」という窓口から申込む方がルーターを無料でレンタルできてお得です。

 

1.1 GMOとくとくBBとは?

GMOとくとくBBとは、GMOインターネット株式会社が運営している事業の一つです。主にインターネット回線事業者とご自宅を結びつけるプロバイダー業務を行っていますが、実は光回線などの代理店業務も行っています。

GMOとくとくBBの特徴は、1ポイント1円として利用することが出来るGMOポイントが貯まるという点です。GMOポイント加盟店であればネットショップでの商品購入代金に充てることが出来たり、GMOとくとくBBの利用料金に充てることが出来たりします。

そしてGMOとくとくBBのもう一つの特徴が今回の主題である、本来であれば毎月レンタル料金が発生する無線LANルーターのレンタル料金が無料になるキャンペーンを利用できるという点です。

無料期間はドコモ光とGMOとくとくBBを契約して併用している限りずっと有効とされているため、本来発生するコストをかなり抑えることが可能となります。

ちなみに、GMOとくとくBBはIPv6対応プロバイダーであるためドコモ光の最大通信速度をほとんどそのままユーザーに届けることが出来ます。

 

1.2 ルーターのスペック

GMOとくとくBBからドコモ光の申込みをすることでレンタル料金が無料となる無線LANルーターは、BUFFALO製の「WXR-1750DHP2」という製品です。

大型の可動式アンテナが3基搭載されているため、ご自宅の隅々まで電波を届けることが出来ます。高速無線LAN規格である「IEEE802.11ac」にも対応しているため、無線環境でも高速なインターネット環境を構築することが出来ます。

また周波数帯は2.4GHz帯と5GHz帯の両方に対応していて、どちらのSSIDもスマホやタブレットに接続できるようパスワード設定をしておくと、環境に合わせて周波数帯を自動的に切り替えてくれるようになります。

2.4GHz帯は高速通信を可能とする代わりに電波干渉に弱い性質を持っていて、5GHz帯は最大通信速度こそ2.4GHz帯には劣るものの電波干渉に強いためどこでも接続できるという性質を持っています。以下にルーターのスペックを表でまとめます。

無線LANルーターのスペック
データ転送速度 最大1,300Mbps
無線LAN規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac
セキュリティ規格 WPA/WPA2/WEP
アンテナ方式 5GHz/2.4GHz 3本
無線LAN機能 最大登録台数64台
有線LANポート 4つ
有線LAN速度 1000Mbps
AOSS/AOSS2 どちらも対応

無線LAN機能を使って登録できる最大数は64台となっているため、最大64台までのスマホやタブレットやパソコン、ゲーム機といったWi-Fiを必要とするデバイスを同時に接続することが出来ます。

また無線LANセットアップはAOSS/AOSS2に対応しているため、AOSSボタンが搭載されている機器であれば特に難しい操作をすることなく無線LANルーターに接続することが可能となります。

無線LANルーターではありますが、もちろん有線LANポートも備えていて、最大4台までの機器を有線で接続することが可能です。

有線LANの強みとしては、電波干渉が無いため最大通信速度を劣化させることなく通信を行うことができ、ドコモ光とGMOとくとくBBの高い通信品質を保つことが出来るというものがあります。

 

1.3 レンタルの条件

無線LANルーターの無料レンタル条件は、GMOとくとくBBからドコモ光に申込みをして継続利用という条件です。仮に、ドコモ光を解約して他社の光回線に乗り換えプロバイダーはGMOとくとくBBを継続するという場合は月額300円のレンタル料金が発生します。

無線LANルーターのレンタル申込みは「BBnavi」というWebページから行います。ログイン画面では登録証に記載されている会員IDと初期パスワードの入力を求められるためそちらを選択し、料金の支払い方法を選択します。

GMOとくとくBBからドコモ光の申込みをしている方であれば無線LANルーターに対しての料金は発生しませんが、手続き上入力が必要となります。

支払い方法を登録すると画面が推移するため、画面左上にある「現在ご利用中のサービス確認」を選択します。

推移したページの中に「Wi-Fiルーターレンタルサービスの申込み手続き」というリンクがあるためそちらを選択して、画面の指示に従って選択を行っていくことで無線LANルーターの申込みが完了します。

申込みをした無線LANルーターは、ドコモ光回線工事の完了をGMOとくとくBBが確認してから7営業日以降に登録した住所宛に送られます。

 

2. レンタルの注意点

それでは、GMOとくとくBBの無線LANルーターを無料でレンタルする際の注意点を解説致します。

 

2-1. 最低利用期間(37ヶ月)以内で解約すると違約金が発生

ドコモ光とGMOとくとくBBの無線LANルーター無料レンタルキャンペーンの最低利用期間が、実はリンクしていません。

ドコモ光の最低利用期間が基本的に2年間であるのに対し、GMOとくとくBBの無線LANルーター無料キャンペーンの最低利用期間は37ヶ月間とされています。

この最低利用期間中にキャンペーンの解約を行うと、違約金として10,000円が発生します。

そのため、ドコモ光を24ヶ月利用してから他社の光回線に乗り換える際にはプロバイダーをそのままGMOとくとくBBで継続したまま他社の光回線に切り替えて月額300円のレンタル料金を支払うか、違約金を支払ってプロバイダーごと他社に乗り換えるかの二択となります。

 

2-2. レンタルの契約終了後、期間内の返却をしない場合補償料10,000円がかかる

ドコモ光の解約と同時に無線LANルーター無料レンタルキャンペーンを解約する場合、ドコモ光解約月の翌月20日までにGMOとくとくBBが指定する方法で無線LANルーターを返却する必要があります。返却方法は以下の住所宛に返送という方法です。

【無線LANルーター返送先】

〒150-8512

東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー

GMOインターネット株式会社 GMOとくとくBB Wi-Fiルーター返却窓口 行

 

無線LANルーターを返送する際に発生する料金はユーザー負担となるため注意が必要です。

ドコモ光の解約月の翌月20日までに上記の返送先に返却が出来なかった場合、補償料として10,000円が請求されます。

そのため、ドコモ光を解約した際は必ず期間内に無線LANルーターを返却しましょう。

なお、無線LANルーター無料レンタルキャンペーンの最低利用期間である37ヶ月間を満了してからドコモ光の解約を行う場合、無線LANルーターは返却不要となります。

 

3. ルーターの接続方法

無線LANルーターを接続する方法は、至ってシンプルです。まずは無線LANルーター本体に記載されているSSIDとパスワードを確認しましょう。するとアルファベットと数字の羅列が確認できます。

スマホやタブレットを無線LANルーターに接続する場合は、Wi-Fi設定をONにして接続できるSSID(Wi-Fiの名前)を検索します。すると、そこに無線LANルーターのSSIDが表示されるためそちらを選択します。

続いてパスワードの入力を求められるため、無線LANルーター本体に記載されているパスワードを入力して接続します。スマホやタブレットの場合はこの方法が簡単です。

周波数帯を分けるために例えば「Buffalo-A-6870」や「Buffalo-G-6870」というように「A」と「G」に分けられています。これらは同じパスワードで接続することが出来るため、どちらも登録しておくとご自宅のどこにいてもスムーズにインターネットを利用できます。

またパソコンの場合はタスクバーに表示されている扇形のマークを選択すると同じように接続できるSSIDが検索されるため、スマホやタブレットと同じ方法で接続しましょう。

まれに無線LAN機能が搭載されていないパソコンが存在しますが、その場合はUSB接続できる無線LAN機器(子機)を別途購入することで無線LANを利用することが可能となります。

ゲーム機などを無線LANルーターに接続する場合、ゲーム機本体にAOSSボタンが搭載されているケースが多いです。

無線LANルーターのAOSSボタンを押して接続可能状態にしてからゲーム機本体のAOSSボタンを押すと自動的に機器を認識して接続してくれます。

 

4. まとめ

ドコモ光で使えるIPv6対応の無線LANルーターは「GMOとくとくBB」からドコモ光に申込むことで無料レンタルが可能となります。

家電量販店などで購入すると本体価格が10,000円以上であったり、毎月レンタルを行うと月額300円以上レンタル料金が発生したりするため、このコストが無料となるのはお得です。

ご自宅にルーターが無いという方や、以前ルーターを購入してから3年以上経過してしまっているという方には向いているキャンペーンでしょう。また、GMOとくとくBBでは、今なら最大25,000円のキャッシュバックも同時に行っていますので、お得に申込むにはオススメです。

>>GMOとくとくBBからドコモ光を申込む

 

この記事を書いている人 - WRITER -