パンダの、パンダによる、ドコモ光ユーザーのためのサイトです

ドコモパンダ|ドコモ光のプロバイダ比較サイト

ドコモ光を導入した方が安くなる?ドコモの料金プランを解説!シェアパックって何?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

みなさんは毎月のパケットをどのくらい使ってますか?

一人で20ギガ以上使う方もいれば、小さいお子様に家で動画見せる方も多いんじゃないでしょうか?

お子さんがたくさん使って困っている親御さんもよくいらっしゃいますよね!笑

中高生の子たちはインスタやYoutubeやらでたくさんパケット使いますからね笑

はい、そんな方々にお聞きします。

「『家のインターネットも含めて』、パケットパック見直してますか?」

今回のお話は、「ドコモのパケットパック&インターネットの関係性」について!

ドコモのスマートフォンのパケットパックと家のインターネット「ドコモ光」のつながりを、細かい金額含めて分析&大解剖しちゃいます!!

「うちはパソコンがないから…」と思っているそこのあなた!

最近はパソコンがなくても家にインターネットを引く方が増えているんですよ!

どうしてかって?

スマホのパケットパック(いわゆる「ギガ」と言われるものです)の延長に家のインターネットがあるからなんです。

まぁ難しい話は抜きにして早速はじめましょう!

要するに「どのくらい毎月パケット使っていれば、いっそ家にインターネット引いてしまった方が安くなるのか?」

そんな数値を大公開しちゃいますから!

パケットを使う人はネットを引いた方がおトク!?

皆さん、パケット(要するに「ギガ」のこと)が足りなくなったらどうしますか?

普通だったらプランを変えますよね?

5ギガを10ギガに上げるのか?それとも20ギガまで上げるのか?

まぁ遅くなっても我慢して使う方もいるでしょうが。

ただ、実はプランを変える以外に解決法がもう一つあります。

答えは…「いっそ家にネットを引いてしまう。」

そう、「ドコモ光」です。

当然家でどのくらい使うのか、逆に外で何を使うのかなんてことにもよったりはしますが、そもそもあまり家に帰らないというような方は別として笑。

基本的に毎日自宅に帰り、家でも寝る前とかにスマホをある程度触るという方は、パケットパックがある一定以上のものになると、パケットパックを上げるよりもむしろ家にインターネットを引いたほうが安いのでは?という選択肢が出てきます。

冒頭でパケットパックの延長にドコモ光があると言ったのはこういうこと。

「え?じゃあどのくらいのパケットパックだったら家のインターネットの方が安くなるの?」

はい、その答えは後ほど笑

まずは初歩中の初歩から始めましょう!

 

パケット=燃料!

はい、それでは授業始めます!

1時間目は「ドコモのパケットパック」について!

はい、じゃあ教科書〇〇ページから…。

ん?どした?

え?「そもそもパケットって何?」だって?

バケツ持って廊下立ってなさい!!

はい。てなわけで、廊下は立たなくていいんですが笑

…そもそもパケットとは!?

「そういえばパケットって何だろう?」って方向けに簡単に説明しますね!

はい、「パケットってのは燃料!!」

これ、テストにでますよー!笑

そう。パケットってのは燃料なんです。

何の燃料かって、スマホの燃料。

当たり前ですが、スマホを使えば、残りのギガ数は減りますよね?

ちなみに、ギガというのはパケット(燃料)の単位。

スマホを使えば使うほど、スマホの燃料(パケット)を消費し、残りのギガ(燃料の考え方で言えばギガ=リットルととらえても良いわけですが)が減っていくわけです。

で、パケット(燃料)を使い切ったら遅くなる。

ただし、パケットパックは1か月単位なので、毎月1日になれば元の速さに元通り。

はい、つまり。

「スマホには燃料があって、使えばその燃料がどんどん減っちゃう」と考えるとわかりやすい。

燃料(ガソリン)がなくなったら自動車が動かなくなるのと一緒のイメージですね。

 

では家のインターネットは何?

ってことは家に引くインターネットはなんでしょうか?

ええ、もちろん…

「ガソリンスタンド!」ってこと笑

そう、家に引くようなインターネットは要するに、電柱を伝って燃料がずっと供給されているのと一緒。

つまり無制限!で使えるわけです!

そのため、家のインターネットは燃料がずっと供給されるガソリンスタンドにずっといるような感覚でいいわけです!

ということは「家にインターネット(ドコモ光)を引けばパケット(ギガ)は外でしか消費しない。」

みんなわかったかー?

じゃあ授業の本題いくぞー笑

 

ドコモのパケットパック一覧表!

さて、これでとりあえず1時間目の前置きはおわり!

やっと授業の本題!!

で、まずは下記がドコモのパケットパック一覧!

 

▶ひとりで使うプランの場合

データプラン 月額料金
データSパック(2ギガ) 3,500円
データMパック(5ギガ) 5,000円
ウルトラデータLパック(20ギガ) 6,000円
ウルトラデータLLパック(30ギガ) 8,000円

 

家族でシェアするプラン

データプラン 月額料金
シェアパック5(5ギガシェア) 6,500円
シェアパック10(10ギガシェア) 9,500円
シェアパック15(15ギガシェア) 12,500円
シェアパック30(30ギガシェア) 13,500円
シェアパック50(50ギガシェア) 16,000円
シェアパック100(100ギガシェア) 25,000円

※シェアパックの場合、2台目以降は代表回線の料金とは別途で1台あたり500円の子回線参加料が必要。

はい、よくわからない名前が並びましたね笑

いいんですよ、まだわからなくて笑

「ウルトラ」とか、よく分からない名前は気にしなくていいです笑

そう、まず見てほしいのは、「ひとりで使うプラン」と「家族でシェアするプラン」が分かれていること!

ひとりで使うプランはその名の通り一人でギガを使うプラン。

「20ギガなんてあるの?」って思った方!

さてはここ最近プラン見直してないですね笑

20ギガはもともと8ギガのプランだったんですが、今は20ギガに変更できるようになってます!

まぁそんなことは置いておいて。

じゃあ「家族でシェアするプラン」とは何か?

まぁ名前のとおりなんです。

ギガ(パケット)を家族でシェア(共有)するというわけ。

ただし一つだけ、ひとりで使うプランとは違う特徴が。

家族で使うプランの場合は…「シェアパックの場合2台目以降は、代表回線の料金とは別途で1台あたり500円の子回線参加料が必要。」

となります。

難しいですね笑

かみ砕くと、シェアパック(家族でシェアするプラン)は親回線と子回線の考え方なんです。

親回線が大元の料金を払って、そこに子回線が参加料500円を各台数分支払うという感じです。

(例えば、3人でシェア15の場合は、データ料金の12,500円と子回線の参加料500円×2で13,500円)

ちなみにドコモの利用年数に応じて割引がずっとつく「ずっとドコモ割」なんて割引もあるので要チェック!!

 

さて、ドコモ光を導入した時のパケット料金はいくらになる?ドコモ光セット割の効力とは?

はい、それではそのパケットパックの延長である家のインターネット「ドコモ光」の料金システムはどうなっているのでしょう?

下記の通りです!

「ドコモ光」

  • マンションの方であれば基本料金4000円
  • 戸建ての方は基本5200円。

え?意外と高い?って思うのはまだまだ早い!

ここからが本領発揮!

下記の表をご覧あれ!

バーン!!

 

▶ひとりで使うプラン

データプラン 月額料金 割引額
データSパック(2ギガ) 3,500円 ▲500円
(※12ヶ月分のみ)
データMパック(5ギガ) 5,000円 ▲800円
ウルトラデータLパック(20ギガ) 6,000円 ▲900円
ウルトラデータLLパック(30ギガ) 8,000円 ▲1,100円

 

▶みんなでシェアするプラン

データプラン 月額料金 割引額
シェアパック5(5ギガシェア) 6,500円 ▲800円
シェアパック10(10ギガシェア) 9,500円 ▲1,200円
シェアパック15(15ギガシェア) 12,500円 ▲1,800円
シェアパック30(30ギガシェア) 13,500円 ▲2,000円
シェアパック50(50ギガシェア) 16,000円 ▲2,400円
(戸建ては▲2,500円)
シェアパック100(100ギガシェア) 25,000円 ▲3,000円
(戸建ては▲3,200円)

さっきと同じ表ではありませんよ。

右側に「割引額」がついていますよね?

これが「光セット割」というやつです!

上の表を見るとわかる通り、ドコモ光はパケットパックに応じて割引が効くシステムというわけです。

例えば、マンション住まい3人でシェアパック10の方がドコモ光と契約した場合、9,500円+500円+500円+4,000円-1,200円=13,300円です。

また、よく見ると基本的には表が下にいくほど、割引額が大きくなっているのがわかりますか?

まぁ要するに、ドコモのパケットパックの金額が高くなればなるほど、ドコモ光の割引額(光セット割)が大きくなるんですね!

ちなみにSパックの割引(光セット割)500円は12ヶ月分のみ。ここだけ注意!

それ以外のパケットパックは割引が消えることはありませんのでご安心を!

 

パケットどのくらい使っていればドコモ光の方が安い??

はい、ここからは実際の話。

じゃあ上記の話を踏まえて、

現状パケットパックがどのくらいの方であれば、パケットパックを上げるよりも家にインターネットを入れたほうが安くなるのでしょう?

ドコモ光に申込んだ方が良い方。

[マンションの場合]

  • 現状シェアパック10でその上の15に上げようかなと考えている方
  • 現状シェアパック30でその上の50に上げようかなと考えている方
  • 現状シェアパック50でその上の100に上げようかなと考えている方

 

[戸建ての場合]

  • 現状シェアパック50でその上の100に上げようかなと考えている方

はい、これが実際の数値。

マンションの方は10ギガ以上使う方であればもうインターネットを検討した方が良さそうですね。

ちなみに戸建の方は、数字で見ると現状50ギガまで使っていて、それでも足りないという方でないとおトクにはならない。

「あれ?50ギガ?そんなに使う人じゃないとインターネットに入るよりパケット上げた方が安いわけ?」って思うかもしれません。

うん、実際そうなんです。

そうなんですが…

戸建てにお住いの方に聞きます。

「ちなみに固定電話は使っていますか?」

 

「固定電話」がカギとなる!!

固定電話を使っている方は、大体毎月1700円ほどの電話代を皆さん払っています。

「ん?なんで急に固定電話の話?」

はい、どうして固定電話の話を始めたかって言うと、

「実は固定電話を使っている方がドコモ光に入ると、固定電話代がなんと!500円になる」んです!!

どういうことかと言うと、

光回線に入れず固定電話だけを使っている方は、アナログ電話と言って大体1700円の料金がかかる昔の電話線を使った電話の形式になっているんです。

ただ、光回線を入れると。

「光電話」という新しい形式の電話に変更ができる!!

で、その「光電話。」

なんと基本料金が500円。

つまり1200円安くなるんです。

ということは、実際には戸建ての方はこうなります。

ドコモ光に入った方が良い方

[戸建ての場合+固定電話を使っている方]
  • 現状シェアパック10でその上の15に上げようかなと考えている方
  • 現状シェアパック30でその上の50に上げようかなと考えている方
  • 現状シェアパック50でその上の100に上げようかなと考えている方

はい、まぁ結局マンションと一緒なんですね。

つまり戸建ての方でも固定電話があるのであれば、10ギガ以上使っている方はドコモ光を検討すべき!

一応「光電話」にすると通話代も安くなりますし、電話番号も電話機も一切変わらないので、メリットが大きいかと!

デメリットとしては工事があることと停電時に使えなくなること。

ただ、言っても工事費は3,000円のみですから毎月1,200円割引を考えたらやらない手はありません!!

ちなみに、マンションでも固定電話を使っている方は戸建て同様に「光電話」に変えることができます!

その場合、5ギガ以上使うという方であっても、パケットパックを上げるよりドコモ光を入れた方が安くなるんです!!

 

ドコモ光の盲点×2!!

さて、わかりましたか?ドコモ光。

金額として見たときにパケットパック上げるよりもドコモ光を引いたほうがいい方はもちろんのこと、家でのスマホ使用頻度や固定電話が安くなる面も含めてドコモ光を考えるべきなんです!

で、ここからは実際の「ドコモ光の盲点」を2つほど書いておきます!

 

マンションなのに戸建タイプ?

実は集合住宅にお住まいの場合、注意が必要な場合があるんです。

NTT側が4世帯以上の契約が見込めるとみなした住居でなければ、マンションタイプが適用されません!!

なんと!

「NTT光 住所検索」で検索し郵便番号やマンション名から自宅住所を調べてみましょう!

「マンションタイプ」なんて書いてあったらおそらく大丈夫!

「ファミリー」って書いてあったら要注意です!

基本インターネットが入れられないという訳ではないのですが、戸建てタイプとみなされ料金が高くなってしまう可能性ありなので、覚悟していきしょう笑

 

2.Wi-Fiルーターは自分で!

また、こんな盲点もあります。

「ドコモ光を契約して工事も終わった。やっとWi-Fi使える!」ってちょっと待って。

Wi-Fiルーターは買いましたか?

基本インターネットを契約しただけではWi-Fiルーターはついて来ません。

自分で家電量販店等で購入すること!

 

結論。10ギガ超えたらドコモ光!

というわけで、マンションでも戸建てでも「スマホのパケットが10ギガ」を超えた時にはドコモ光を検討すべきでしょう!

マンションであれば5ギガを超えた場合でもパケットパックを上げるよりもドコモ光のほうが安いパターンがあります!

今やインターネットの時代!毎月自分がどのくらいパケットを使うかを意識して「ドコモ光」も含めた最良プランを組みましょう!!

ちなみに、ドコモ光でオススメできる申込み窓口は「GMOとくとくBB」のサイトです。GMOとくとくBBのサイトから申込むと、今なら最大15,500円のキャッシュバックがもらえたり、無料でWi-Fiルーターが借りれたりと、色々とメリットが多いです。(GMOとくとくBBがオススメできる詳しい理由についてはこちらから)

キャンペーンが充実!GMOとくとくBBのドコモ光のキャンペーンサイトはこちらから

 

もちろん、ドコモショップで申込んでも問題ありませんが、ショップが独自にプレゼントしている特典がないため、それほどオススメできません。(詳しくはドコモショップでドコモ光を申込むのはアリか?ナシか?の記事で参照。)

 

この記事を書いている人 - WRITER -