パンダの、パンダによる、ドコモ光ユーザーのためのサイトです

ドコモパンダ|ドコモ光のプロバイダ比較サイト

口コミで分かった!ドコモが提供するテザリングの料金や速度は?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

「テザリング」とは、スマホを介して様々な機器をインターネットに接続させる機能のことを言います。つまり、テザリングはスマホをモバイルWi-Fiルーターのようにして使うことが出来る機能です。

テザリングはスマホの機能というよりもSIMの機能として利用することが出来るため、キャリアによって申込みが必要であったり利用料金が必要であったりします。

ドコモのスマホでもこのテザリング機能が使えるため、こちらではドコモのテザリング機能について詳しく解説致します。

1.ドコモのテザリングの特徴

まずはドコモのテザリングの特徴について解説致します。特徴は大きく分けて、

  • 「テザリングの利用料金」
  • 「テザリングの種類」
  • 「テザリングの対応機種」

の3つに分けられます。そこで、分かりやすいようにそれぞれ3つのカテゴリに分けて特徴を見ていきましょう。

 

1-1.利用料金は無料(有料化されていない)

ドコモのスマホを使ってテザリングを行う場合は、利用料金が無料となっています。

また、ドコモのテザリングを行う上で申込みも一切不要となっていて、SIMカードを契約してスマホにSIMカードを入れて手渡されたと同時にテザリングが行えるようになっています。

「au」や「ソフトバンク」ではテザリングを利用するためには申込みが必要となっていて、どちらもテザリングオプション料金が月額500円となっています。

どちらも料金プランによってテザリングオプション料金が発生する場合と無料となる場合がありますが、無料となるのはそもそものデータ容量が少ない料金プランです。

ドコモの場合は、料金プランに関わらずテザリングの申込みが不要となっていて、さらに利用料金も無料となっているため、テザリングを利用するのであればドコモがおすすめです。

 

1-2.テザリングには3つの種類がある

テザリングを行うための方法は、

  • 「Wi-Fiによるテザリング」
  • 「USB接続によるテザリング」
  • 「Bluetoothによるテザリング」

の3つがあります。

一般的なテザリング方法は「Wi-Fiによるテザリング」で、スマホ側から設定行い、スマホそのものをアクセスポイントとすることでWi-Fiに対応しているデバイスを接続することが可能となります。

「Wi-Fiによるテザリング」では、速度も安定して確保されるため「Wi-Fiによるテザリング」を利用する方が一般的です。

さらに一度に何台も同時にテザリング接続することが可能となっているため、複数台のデバイスをテザリングでインターネットに接続したい場合は、おすすめの方法です。

「USB接続によるテザリング」では、テザリング機能を持つスマホとネットに接続するデバイス同士をUSBケーブルで繋ぐことで、インターネットに接続することができます。

USB接続ということもあり、Wi-Fiよりも利用できる端末は少ないですが、3つのテザリングの種類の中では、最も速度が速いテザリング方式で、通信の安定性もバツグンです。

そのため、パソコン作業などの仕事を行う際に安定した通信を確保したい場合におすすめのテザリング方法です。

最後に「Bluetoothによるテザリング」では、Wi-Fiと同じようにBluetoothに対応しているデバイスとペアリングすることでテザリングを行えるようになります。

「Wi-Fiによるテザリング」と同じように一度に複数台のデバイスを接続することが可能なため、こちらも複数台を接続したい場合に便利です。

「Wi-Fiによるテザリング」と何が違うのかと言うと、バッテリーの消費量と通信の速度です。

「Bluetoothによるテザリング」では、バッテリーの消費を抑えることが出来ますが、通信の速度は3つのテザリング方法の中で一番遅い速度となっています。

カーナビなどをインターネットに接続する際に利用することが多いですが、Wi-Fiにも対応しているデバイスなのであれば「Wi-Fiによるテザリング」を行うことをおすすめします。

 

1-3.テザリングの対応機種が多い

テザリングに対応している機種は現在ではかなりの種類となっています。キャリアで販売されているAndroidスマホはもちろん、iPhoneやiPadもテザリングを利用することが可能となっています。

iPhoneやiPadの場合は「インターネット共有」という名称となっていて、Androidスマホやタブレットに比べると若干方法は異なるもののテザリングを利用することが出来ます。

ドコモの場合、2011年3月以降のスマホであればほとんど例外なくテザリングに対応しています。

iPhoneに関しては、iPhone5cやiPhone5sといったドコモでiPhoneを取り扱い始めた当初のモデルからテザリングに対応しています。

変わった種類としてはドコモのシニア向けスマホである「らくらくスマートフォン」シリーズもラインナップされていて「らくらくスマートフォン4(F-04J)」「らくらくスマートフォンプレミアム(F-09E)」「らくらくスマートフォン me(F-03K)」でテザリングを利用することも可能です。

 

2.テザリングを使う上でよくある質問

テザリングを使う上で、まだあまりテザリングを利用したことがないといった方やこれからテザリングを活用したいといった方から寄せられるよくある質問にお答えします。

 

2-1.申込みは必要か?

まずは申込みについてです。冒頭でもお話ししましたが、ドコモに限っては、テザリングを利用するにあたって申込みは一切不要となっています。

ドコモの契約をすると自動的にテザリングを行えるようになっているため、ドコモに申告する必要も別途申込みを行う必要もありません。

ドコモのSIMカードが入ったスマホを手にした瞬間からテザリングを利用することが出来ます。ですが「au」や「ソフトバンク」の場合は別途申込みが必要となっていて、どちらも月額500円が発生します。

シニア向けプランなどであれば料金が発生しないという例もありますが、一般的な料金プランだとテザリングオプション料金が発生します。テザリングを行う方にとってドコモは魅力的なキャリアです。

 

2-2.速度制限はあるのか?

続いてよくある質問は速度制限に関しての質問です。テザリングを行う際は、スマホで契約しているデータ容量を消費して通信を行うため、その契約データ容量を超えると速度制限に引っかかります。

例えば、ウルトラデータLパックを利用する場合は、1ヶ月あたり20GBが付与されるため、20GBを消費してテザリングを行うということになります。

テザリングを利用してタブレットやパソコンで動画を観すぎてしまうと、スマホで使える分のデータ量が少なくなってしまうため注意が必要です。

また、ベーシックパックという従量課金制の料金プランを利用する場合は、データ量を使った分だけ請求されます。(データ容量の最大は20GBとなっています。)

そのため、テザリングによってデータ量を使いすぎてしまうとスマホの請求金額が高額になってしまいます。

データ容量があらかじめ決められているウルトラデータLパックやウルトラデータLLパックを利用する場合、データ容量を使い切ってしまった時点で速度制限が発生しますが、ベーシックパックでは20GBまで使い続けても速度制限に引っかかりはしませんが、容量が増えるにつれ料金が高額になります。

テザリングのデータ容量が多いならあらかじめ決められているデータパックを、月によって利用するデータ量が異なる場合はベーシックパックを契約するのが良いでしょう。

 

3.利用者の口コミ・評判

では、実際にドコモのテザリングを利用している人の口コミと評判を見ていきましょう。

やはり、テザリングを利用するための利用料金が無料であるという点は、ユーザーにとってかなりのメリットとなるようです。

評判にもある通りドコモの場合は、テザリングがオプションではなく標準搭載されているため、テザリングに対してのコストを割く必要がありません。

「au」や「ソフトバンク」回線だとテザリングを行うための料金として月額500円が発生するため、年間で計算すると6,000円もテザリング代金として支払う計算となります。頻繁にテザリングを利用するならドコモを選んだ方が良いです。

では他の口コミも見ていきましょう。

口コミを見ると、速度に関してやや不満があるという評判が見られます。

この点については通信を行っている環境や通信機器の接続状況といったあらゆる原因が考えられるため、一概にドコモのテザリングは遅いとは言えませんが、速度が遅いと感じる方もいます。

テザリングの機能面に関しては、基本的に各社の違いはなく同じことを同じように出来る仕様となっていますが、通信を行っている場所が基地局から遠かったり、電波を跳ね返しやすい鉄筋構造の建物に居たりする場合は、速度が遅くなりがちです。

ですので、テザリングを行う際には、電波状況や通信環境を確認してから行うようにしましょう。

 

4.まとめ

何度か触れていることではありますが、ドコモのテザリングは無料で使うことが出来ます。なお「au」や「ソフトバンク」では有料化されているオプションサービスとなっています。

ドコモのテザリングは今なら申し込みも不要で使うことができ、外出先や旅行や急な出張の際にすぐに使えて便利です。

ただし、速度制限に引っかかってしまったりスマホの請求金額が高額になってしまったりしないようデータ量にだけは注意しましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -