パンダの、パンダによる、ドコモ光ユーザーのためのサイトです

ドコモパンダ|ドコモ光のプロバイダ比較サイト

評判に食い違いが!?ドコモ光のプロバイダ「AsahiNet」の本当の姿とは?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

さて今回はドコモ光×AsahiNet(アサヒネット)の特集!!

早速ドコモ光×AsahiNet(アサヒネット)の評判を見てみましょう。

  • 「●●の割にスペックや速度はあまり良くない。」
  • 「少し遅いけど、●●を見てこのプロバイダを選びました。」

 

さて、突然ですがクイズです。

●には同じ言葉が入ります。さて、何かわかるでしょうか?

 

答えは…最後のお楽しみ!

 

さて!AsahiNet。実はこのプロバイダ。ある一つの観点からその特徴を探らなければなりません。

速度が遅い?スペック?評判?

 

いいえ。違います。

そう、そのキーワードとは…

プロバイダ情報とそのスペック

ではまずAsahiNetのプロバイダ情報から。

設立は1990年。老舗中の老舗ですね。

 

となると当然、ドコモ光以前のフレッツ光時代からプロバイダとして運営している。

また、auひかりや自社回線のAsahiNet光などもやっているようです。

 

次にプロバイダのスペック状況を見ていきましょう。

 

メールアドレス系

メールアドレスに関してはアドレス1つ分の提供のみ。

 

はい、特に目立ったスペックではないです。

ドコモ光の他プロバイダ比較で言えば「BIGLOBE」や「ぷらら」などのようにメールアドレスを5つや7つ提供するわけでもなし。

 

強いて言えば上記のようなメールアドレスにこだわりを持ったプロバイダに比べると少ないかなレベル。

 

また、BOX容量。

 

こちらは無制限。

プロバイダメールに届いたものをどのくらいの件数保存しておけるかという数字ですが、

ドコモ光×AsahiNetの場合、特に保存件数を気にする必要はなし。

 

メールBOXが無制限なので、どれだけ保存しておいても問題ないですよということです。

ここはひとまず安心ですね。

 

セキュリティに関して

セキュリティに関してはたいていのプロバイダでは3本柱のセットとなっています。

1.メールウイルスチェック

2.迷惑メールフィルタ

3.総合セキュリティソフト

 

内容は解説するまでもなし。

名前の通りの内容です。

 

上から2つに関してはメールに関するセキュリティ。

3の「総合セキュリティソフト」に関してはWeb閲覧などのセキュリティも含まれます。

 

老舗プロバイダではメールアドレスに続いて「こだわり」が出る部分ですが…

 

さて、ドコモ光×AsahiNetは…

 

迷惑メールフィルタのみ無料。

それ以外は有料。

 

はい、これはかなり残念な結果です。

 

迷惑メールフィルタなんて…と言ったら怒られますが、事実ドコモ光の26ある提携プロバイダの中で、逆に「迷惑メールフィルタを有料で提供している」のはたった3社のみ。

 

要するに「だいたい無料提供」なんです。

 

それ以外、つまりメールウイルスチェックと総合セキュリティソフトは有料にて提供。

メールウイルスチェックは200円

総合セキュリティソフトは480円です。

 

まぁ特筆するほど安くもありませんね。

 

ここまで見てきた結果、どうでしょう。

大したプロバイダではない気もしますが…。

 

最後に「サポート類」に関して。

サポート類に関しては2つ。

1.リモートサポート

2.訪問サポート

 

この2本柱です。

 

先に言いますと、

なかなか良いプロバイダであれば、上記2つがなんと無料だったり!

 

メールアドレスのところでも登場した「BIGLOBE」や「ぷらら」がその例ですが、

BIGLOBEもぷららも、リモートサポートは無料の提供。

また、訪問サポートに関しても初回無料の大盤振る舞い!

 

訪問サポートとは「設定でわからないことあれば人が直接ご自宅に伺って設定しますよ」というサービス。

 

もちろんその人の人件費や交通費が直にかかるわけですから、無料なんて通常はありえません。

 

初回限定であったとしても無料というのは凄いことなんです。

 

さて、ここまでフッておいて、ドコモ光×AsahiNet。

どうなんでしょう笑

 

これでどちらも有料だったらとんだ咬ませ犬…笑

 

  • リモートサポート
  • 訪問サポート

ともにAsahinetで提供なし。

…笑えますね。

逆の意味で裏切られます。

 

まさか有料とか無料とかそういうことじゃなく、むしろ「提供してない」とは…笑

 

どういうことでしょう?

ドコモ光×AsahiNet。

 

これで選ぶ人がいるのかと甚だ疑問です。

 

ここまで見ると正直、「どうしてみんなこのプロバイダ選ぶの?」っていうような評判のプロバイダ。

 

僕なら「絶対に」選びません。

そう「絶対に」…。

 

どうして「絶対」か?

 

ここで冒頭のクイズに戻りましょう。

 

【ドコモ光×AsahiNetの評判】

  • 「●●の割にスペックや速度はあまり良くない。」

●に入る答えは何か…?

 

「●●」でひも解くAsahiNet

そう、答えは…

「料金」なんです。

 

【ドコモ光×AsahiNetの評判】

  • 「料金の割にスペックあまり良くない。」

 

そう、ドコモ光×AsahiNetは「料金」面も含めて考えると、コスパが悪い。

 

なんでかって言うと…

そもそも…このプロバイダ…「ドコモ光タイプB」なんです。

 

そう、ドコモ光にはプロバイダによってタイプAとタイプBとに分かれているのですが、その違いは「料金」!!

 

ドコモ光タイプBは通常より200円高い金額なんです。

ドコモ光の記事をいくつかかじったことある人なら、一目瞭然。

 

つまり、ドコモ光のプロバイダの中でタイプBのプロバイダは、それなりの理由がないと選ばないんです。

 

ん?でもちょっとまって。

  • AsahiNetはドコモ光のプロバイダタイプBに属している
  • タイプBのプロバイダはAより料金が200円高いため、これといった選ぶ理由がないと選ばない

 

ここまでわかりますよね?

  • ドコモ光×AsahiNetのスペックはあまり評判が良くない…。

 

ここも理解しましたよね?

 

…上記の内容を掛け合わせると、ある一つの疑問が生まれます。

 

そう。「どうして評判の良くないスペックなのに、わざわざドコモ光タイプBのAsahiNetを選ぶ人がいるのか?」

 

昔のAsahiNet

ここで、先程のクイズをもう一度きちんと見てみましょう。

【ドコモ光×AsahiNetの評判】

  • 「料金の割にスペックや速度はあまり良くない。」

 

はい、そうです。ドコモ光タイプBなのにスペックがあまり良くないんです。

ここはわかります。

 

だけど、気になるのはもう一つの方。

  • 「少し遅いけど、●●を見てこのプロバイダを選びました。」

 

答えを当てはめると…

  • 「少し遅いけど、料金を見てこのプロバイダを選びました。」

 

ん?どういうこと?

 

先程見た限りでは料金は他のプロバイダより高いはず。

とても料金を見て選ぶプロバイダとは思えません。

 

結局ドコモ光×AsahiNetの料金は高いのか?安いのか?

どうしてこうも意見の違う意見が並ぶのか?

 

そして、そもそもどうしてこんなにも評判の良くないAsahiNetを選ぶ方がいるのか?

 

この問題の答えは一つ。

そう、これもまた「料金」という言葉がカギを握るんです。

 

答えを言いましょう。

実はこのAsahiNet。

 

ドコモ光が始まる前。

とても料金の安いプロバイダだったんです。

 

そうドコモ光が始まる前。光回線と言えばフレッツ光でした。

そんなフレッツ光のドコモ光との大きな違い。

それは「プロバイダ料金が別だったこと」です。

 

フレッツ光では、ドコモ光のようにプロバイダ料金がタイプAやタイプBという区分けになっておらず、単純にプロバイダ側が料金を決められたのです。

 

例えば…

 

【フレッツ光時代のプロバイダ料金】

  • OCN→ マンション1,100円 戸建て900円
  • @T-com→ マンション1,200円 戸建て1400円

 

こんなふうに。

フレッツ光の料金+自分で選ぶプロバイダの料金=インターネットの料金

という仕組みになっていたわけですね。

 

さて肝心のAsahiNet。フレッツ光時代の料金はいくらだったかと言うと…

 

【フレッツ光時代のAsahiNetのプロバイダ料金】

  • マンション→700円
  • 戸建て→780円

 

はい、安かったんです。

 

つまり、過去に何が起こっていたかと言うと…

フレッツ光時代にAsahiNetを契約した方はスペックなどは気にせず「料金の安さ」で選んでいた。

 

で、ドコモ光が始まり、フレッツ光の方は工事無しでNTTドコモの携帯とのセット割引が入るため、そのままドコモ光に切り替え(転用)。

 

何も考えずフレッツ光時代から使っていたAsahiNetをそのまま使い続け今に至る。

 

はい、こういうわけです。

 

こういう流れでドコモ光×AsahiNetを契約する方が存在するわけですね。

 

また、だからこそ最初の評判●●クイズであんなに意見が食い違っていたんですね。

 

【ドコモ光×AsahiNetの評判】

  • 「料金の割にスペックや速度はあまり良くない。」→ドコモ光×AsahiNetの料金から意見を言う方
  • 「少し遅いけど、料金を見てこのプロバイダを選びました。」→当初フレッツ光時代にAsahiNetを契約した方

 

というわけです。

 

速度はどう?AsahiNet

さて、ここまで「料金」というキーワードでAsahiNetを見てきましたが、最後に皆さんが最も気になるであろう「速度」の評判に関して!!

 

【ドコモ光×AsahiNetの速度に関する評判】

  • 「(AsahiNetに関して)おおむね満足の速度。」

 

そう、実はドコモ光×AsahiNet。速度の評判は良い方なんです。

 

え?でもさっき。

「料金の割にスペックや速度はあまり良くない。」「少し遅いけど…」って。

 

そうなんです。速度は遅い、いや遅かったんです。

 

その証拠に今やIPv6(アイピーブイロク)。

この基準に対応しています。

 

IPv6って何なの?って方はIPv6特集をまずは読んで!!

で、そんなの面倒って方は至極簡単に笑

 

IPv6というのはいわゆる速度の基準と思ってもらって結構です。

(本当はもっと複雑なんですが。)

 

結論…「IPv6に対応しているプロバイダは速度が速い」

IPv6に関してはこれだけ覚えればもう合格!笑

 

例えば、今までは遅いという評判ばかりだったプロバイダがIPv6に対応したら速度評判が良くなったなんて言う例も。

 

そう、つまりAsahiNetはもれなく上記の例なんです。

 

実際にこんなAsahiNetの速度評判でこんなものがあります。

 

【ドコモ光×AsahiNetの速度に関する評判②(IPv6)】

  • 「AsahiNet利用。最近なかなか良い。(速くなった)」

 

遅いという評判が様変わり。一転して速くなったという声が上がっているようです。

 

選ぶべき?ドコモ光×AsahiNet

いかがでしたでしょうか?ドコモ光×AsahiNet。

  • スペックが悪い
  • 速度は良い(遅いという評判は過去のもの)
  • 料金は高い(ドコモ光ではタイプBのため)

 

選ぶのであれば速度重視の方でしょうか。

スペックや料金は気にせず速度だけを求めたいという方にはオススメのプロバイダというところですかね!

この記事を書いている人 - WRITER -