パンダの、パンダによる、ドコモ光ユーザーのためのサイトです

ドコモパンダ|ドコモ光のプロバイダ比較サイト

ドコモ光のプロバイダに「TikiTiki(ティキティキ)」を選ぶ意味は?利用者からの評判が良いの?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

さてさて、今回はドコモ光×TikiTiki。

 

読みはティキティキ。

ところでみなさん、「ティキ」って知っていますか?

 

「ティキ」ってのは

古代から伝わる「ハワイの神様」のこと。

 

ポリネシア神話では最初の人間とされていて、要はハワイの信仰上の神様。

 

え?関係ありますよ笑

 

運営会社は岡山県の「株式会社エヌディエス」というところ。

1997年の会社の設立とともに始まるプロバイダTikiTiki(ティキティキ)は、代表の方が「インターネットの先見性」をポリネシアに伝わる人類創造の神「ティキ」に例えてサービスを開始したそう。

ロゴの中にもInternet Island(インターネットアイランド)って入っていますからね。

 

そんなドコモ光×TikiTiki(ティキティキ)ですが、

もちろん、知名度は低い。

というか、そもそもどんなプロバイダなんでしょう?

 

知名度が低いながら古参組としてのサービスや速度に良い評判が隠れているかもしれません。

早速その評判を見ていきましょう。

ドコモ光×TikiTiki(ティキティキ)。まずはスペックとその評判。

さて、ドコモ光×TikiTiki(ティキティキ)。

言わずもがな知名度は低いプロバイダです。

では、そもそもドコモ光と提携しているOCNやSo-net、BIGLOBEなどの名立たる有名プロバイダの中で、TikiTiki(ティキティキ)は果たして選ぶに足るプロバイダなのでしょうか?

その評判をもとに、ドコモ光×TikiTiki(ティキティキ)をそもそも「選ぶ必要があるのか」のチェックから入りましょう。

 

で、まずはドコモ光×TikiTiki(ティキティキ)の各種スペックに対する評判から。

 

…と思いましたが、残念。

知名度が低いためかドコモ光×TikiTikiのスペックに対する評判は見つからず。

ただ、速度に対する評判はいくつか見かけましたので、それは後ほどのお楽しみ!

 

仕方がないので、スペックを記載しましょう。

 

1.メールアドレス系

はい、ではまずメールアドレスから。

 

メールアドレスに関しては下記の通り。

  • メールアドレスは1つのみ提供。
  • BOX容量は1GBのみ。

さて。どんな印象を持つでしょうか?

プロバイダ系の記事をいくつか見たことがある方なら、ピンとくるかもしれません。

 

そう。ドコモ光×TikiTiki…「なし」だな、と。

 

早速結論が出てしまいましたが…。

 

まぁせっかくなのでそのほかのスペックも見てみましょうか。

 

2.セキュリティ系

セキュリティ系に関しては下記の通り。

  • メールウイルスチェックと迷惑メールフィルタは無償提供。
  • 総合セキュリティソフトは有料。

 

続きを先に見ましょう。

 

3.サポート類

  • 訪問サポートは有料にて提供
  • リモートサポートは提供なし

 

…。みなさんはこの結果どう捉えますか?

 

そもそもドコモ光のプロバイダとは…

さて。あえて箇条書きでお伝えしました、ドコモ光×TikiTikiの各種スペック。

 

では、少し脱線しましょう。みなさん、ドコモ光の提供プロバイダっていくつあるか知ってます?

そう、「25つ」です。

 

ドコモ光はプロバイダがセットになった料金形態です。

プロバイダによる料金の違いはタイプAとタイプBどちらに属するかのみ。

 

例えば、下記のような金額となります。

 

【ドコモ光 毎月の利用料金】

戸建てタイプ マンションタイプ
タイプA 5,200円 4,000円
タイプB 5,400円 4,200円

 

タイプBの方がタイプAより200円高いわけですね。

 

ドコモ光タイプAに属するプロバイダは18つ。

ドコモ光タイプBに属するプロバイダは7つ。

 

合わせて25つの提携プロバイダ。

ちなみにTikiTikiはドコモ光タイプAに属しています。

 

この話何が言いたいかと言うと…。

結局25もあるプロバイダの優劣はどこで決まるのかということなんです。

 

つまり、「料金での差がほとんどないドコモ光では25もあるプロバイダをどう選ぶか?」

 

みなさんも名前は聞いたことあるでしょう。

昔フレッツ光というインターネット回線が主流だった時代には今のようにプロバイダとのセット価格ではなかった。

フレッツ光+プロバイダ料金=1か月のインターネット使用料金という時代だったんです。

 

そんな時代には当然「料金」という目に見える違いと「サービスや速度」という目に見えない評判・口コミを各社比較して選んでいた。

だけどドコモ光の料金はほとんど一緒。

 

であれば…。ドコモ光の比較材料は…。

 

そう、「サービスや速度の評判」でしかないんです。

当たり前ですよね。

 

そうやって考えると、浮かび上がってくるんです。

ドコモ光×TikiTikiの悪い部分。

 

これといった評判がない?

そう、ドコモ光×TikiTikiには「何もない」んです。

サービスや速度のこれといった評判が。

 

試しにドコモ光の他のプロバイダを見てみましょう。

 

①ドコモ光×So-net(ソネット)と比較すると、スペック差は歴然

プロバイダとして老舗のSo-net。そのスペックについて見ていきましょう。

TikiTiki So-net
メールアドレス系
  • メールアドレスは1つのみ提供
  • BOX容量は1GBのみ。
  • メールアドレスは4つ提供
  • BOX容量は無制限
セキュリティ系
  • メールウイルスチェック無料
  • 迷惑メールフィルタ無償
  • 総合セキュリティソフトは有料
  • メールウイルスチェック
  • 迷惑メールフィルタ
  • 総合セキュリティソフト

以上3つがすべて無料
(※総合セキュリティソフトは24か月限定での無償提供)

サポート系
  • 訪問サポートは有料にて提供。
  • リモートサポートは提供なし。
  • リモートサポート契約から6か月以内であれば初回無料
  • 訪問サポート契約から12か月以内であれば初回無料

さて、文字数の違いでもうお気付きの方も多いかもしれませんが、一つずつ確認していきましょう。

 

ドコモ光×TikiTikiのメールアドレス系はどんなスペックでした?

So-netの場合、4つもメールアドレスを提供してくれ、なおかつ容量は無制限。

つまり、どれだけ受信メールを溜めておいても基本的には問題がないわけです。

 

対してTikiTikiは受信メール類を1GB分しか取っておけない。

メールを受信するたびに、その都度消さなくてはならなくなるかもしれません。

 

セキュリティ系はどうでした?

ドコモ光×TikiTikiではメールウイルスチェック、迷惑メールフィルタは無料なものの、セキュリティソフトは有料(200円)での提供。

 

ドコモ光×So-netの場合はセキュリティソフトが24か月分はタダ。

ここもTikiTikiが劣っています。

 

最後に、サポート類。

ドコモ光×TikiTikiは訪問サポート有料。

リモートサポートに至っては提供なし。

 

ドコモ光×So-netはどうでしょう?

 

訪問サポート、リモートサポートどちらも初回は無料なんです。

リモートサポートは契約から6か月以内、

訪問サポートは契約から12か月以内であれば初回無料で使えます!

 

ドコモ光×TikiTikiの場合は何かわからないことがあって来てもらうときはお金がかかるのに、So-netであれば無料なんですね。

なんというサービスの違い…。

 

ちなみにSo-netはTikiTikiと同じドコモ光のプロバイダ区分はタイプAです。

 

同じ料金でこんなにも差があっていいのでしょうか?

 

また、こんなプロバイダもあります。

 

②ドコモ光×GMOとくとくBBはキャッシュバックがあるうえに速度が速い!

このプロバイダ。実は「キャッシュバックキャンペーン」があります。

 

ドコモ光×GMOとくとくBBをホームページで申し込んだ方限定。

最大15,500円のキャッシュバック進呈!

 

フレッツ光からの切り替え(転用)でドコモ光申し込みの方は15,500円、新規でドコモ光を申し込んだ方は11,000円のキャッシュバックがあるそうです!

 

期間限定のキャンペーンではありますが、15,500円はかなり大きいですよね!

 

ちなみにドコモ光×TikiTiki。キャンペーンは言うまでもなく「ありません。」

 

また、ドコモ光×GMOとくとくBBに関してはもう一つのメリットが。

そう、「速度」です。

 

ドコモ光×GMOとくとくBBは速度が尋常じゃない。

その証拠がこちら。

 

【ドコモ光×GMOとくとくBB 公開されている速度平均値】

  • 上り(アップロード)→168Mbps
  • 下り(ダウンロード)→219Mbps

実はプロバイダって基本的に速度は未公開なんです。

だからこそ、原則的には評判や口コミからその速度を探らなければならない。

遅いという評判が多いのか、たとえ速いと言われていてもエリアや時間帯が異なればどうなのか、はたまたマンションと戸建てでの違い、などなど。

 

だけどドコモ光×GMOとくとくBBはそもそも速度を公開してしまっている。

遅いなんて言わせないと言わんばかりですね。

 

さて、では肝心のドコモ光×TikiTikiの速度評判はどうでしょう?

 

【ドコモ光×TikiTiki(ティキティキ) 速度の対する評判1】

  • 「TikiTiki、まじで無能…」

はいもう一蹴されていますね笑

遅いらしいです。

 

こんな評判もあります。

 

【ドコモ光×TikiTiki(ティキティキ) 速度の対する評判2】

  • 「地元プロバイダのTikiTikiに戻して正解。」

岡山の方なのでしょうか?

こちらはかなり良い評判ですね。

 

うーん、ドコモ光×TikiTiki。

なんとも言えませんが、速度に関しては遅い評判と速い評判が入り混じる結果です。

 

実際には速度を測る以外にも速度に関係する指標がありまして、IPv6というのですが、ドコモ光×TikiTikiはIPv6には対応している。

 

そのため、遅いプロバイダとは言えないのですが、

やはり評判や口コミに勝る証拠はありません。

 

今もドコモ光×TikiTikiを使用している方がそう言っているのですから。

ドコモ光×TikiTiki(ティキティキ)。実は遅い、スペック微妙…。

さて、ここまで見るとどうでしょう?

ドコモ光×TikiTikiはスペックも大したものはない、速度も遅い。

そんな印象しか残っていませんか?笑

 

要はプロバイダってのは印象の問題なんです。

チャンネル回すときのテレビ番組みたいなもんで、プロバイダもどこかしらでインパクトってのを見せなくちゃいけない。

それがスペックでも速度でもキャッシュバックでも何でもいいのです。

ようはスペック悪いとか速度遅いとかのマイナス方向の印象でなければ笑

 

だけど。言ってみればチャンネルはつまらなければ何回でも変えることができますが、プロバイダはそうじゃないんです。

速度遅いからと言ってプロバイダをコロコロ変える人はめったにいません。

手間もお金もかかりますから。

 

まぁドコモ光のプロバイダはテレビ番組と違って25もありますから、なおさらのこときちんと選ばなくてはならない笑

インパクトあるプロバイダへ…。

本末転倒ですが、プロバイダのメールアドレスなんて今時使わないんですよ?笑

訪問サポートや電話でのリモートサポートが付いてたからって何なの?

インターネットが始まったころ、みんなが何もわからずパソコンを前に右往左往していた時代とは違うんだから、リモートサポートや訪問サポートがあったって使わずに終わる方が大半です。

 

ただ、そうじゃない。

だって「料金が一緒」なんですから。

 

使わないかもしれないが一生懸命にサポートやセキュリティを充実させている「So-net」や、キャンペーンを打ち出して少しでも還元しようとする姿勢がみられる「GMOとくとくBB」

その両者と肩を並べる目立たないTikiTiki。

月額の払う金額は一緒なのにTikiTikiを選ぶ方がいるでしょうか?

 

ドコモ光×TikiTiki、ロゴやキャラクター同様速度やサービス面もよりインパクトあるプロバイダに変わることを願うばかりです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -